健康

病院関係者のマスク不足

 

 新型コロナウイルスの影響を受けて、病院関係者の間においてもマスク不足が露呈。病院によっては、一週間に一度程度の交換で患者を診ている病院もあるようだ。 

 医療関係者には充分なマスクがいきわたっていると思っていただけに、衝撃は大きかった。病院ですらマスクを入手できない状態というのは、異常といわざるを得ない。

 マスクは衛生的に洗えるものでない限り、1日に1回は交換したほうがよいのではなかろうか。家庭で洗濯をきっちりと行っても、フィルター機能の低下等を抑えることはできない。マスクの本来の役割を失うことになる。

 主治医は多くの患者を診察する。その中で大病にかかっている(高熱など)が一人でもいれば、伝染するリスクがある。病原菌を吸っているマスクを着用しながら、他の患者を診ることによって、病気がうつるリスクが上昇する。治療するために通院しているのに、病原菌を吸収することになりかねない。これでは何のために診察を受けているのかわからない。

  病院関係者だけでなく、スーパー、バスの運転手、駅員などもマスクが足りているのか未知数。一週間、同じマスクを装着することによって、周囲に撒き散らすようなことにならなければいいけど。スーパーの店員などのマスク配布状況がわからないだけに、不安はつきまとってしまう。

 昨日、K-1を観戦する人たちにマスクが1枚ずつ配られた。6500人規模なので、6500枚ものマスクが配布されたことになる。それだけの在庫があるのなら、病院関係者に回すことはできなかったのか。10人規模の病院なら、1日に3回交換しても200日はもたせられることになる。半年もあれば、充分な猶予期間となる。

 命を守ることに優先順位をつけることは許されないけど、コロナを広げようとしている人たちよりも、命を守ろうとしている関係者にマスクを回してほしいと切に願う。K-1関係者のマスクを没収するといった措置を取ってもよかったのではなかろうか。

 ありえないような事態が起きている反面で、京都府の男性が2015年に家に買いだめしてあった、5670枚のマスクを寄付したというニュースも流れている。人生に捨てる神あれば拾う神という言葉があるけど、まさにその通りだなと思わされた。

 お年玉をためてマスクを作り、他人にプレゼントしたという中学生もいた。こちらも誰かのために動きたいという思いで必死になっている。

 マスク解消に向けて、多くの人間が善意を持つ人が増えるといいな。病院関係者のマスク不安がなくなることで、健全な医療の提供に繋がっていく。

 

https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/191462

©「1週間に1枚」マスク不足深刻 京都の病院、他の感染症リスク懸念|社会|地域のニュース|京都新聞

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 12月にしては異例の大雪
  2. 「ダチョウの卵」で料理してみたよ!?
  3. 日本郵便の不適切投信販売について考える
  4. 2021年の駒澤大学の10区の選手が逮捕
  5. コロナワクチンを接種した人を対象に値引きする制度を一部で導入
  6. 平熱であってもインフルエンザにかかる
  7. 大谷翔平選手が29号・30号ホームランを連発
  8. NHKの受信料は2020年10月より値下げ

おすすめ記事

Be Smile 十三駅前

リバーサル本八幡

関係法令を遵守し、他の社会資源との連携を図った適正、且つきめの細かな就労移行支援サービスを提供します…

怖い話『おじいさんが寝てるんや』

わたしが小学生の頃の話。隣町に小さな空き地を見つけました。その空き地は2階建…

就労継続支援B型事業所こぶし

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、…

ポエムのお知らせとご報告と感謝を伝えます!

いつもポエムを書かせてもらっているDos diosasです。私のポエムを読んで下…

新着記事

PAGE TOP