福祉・医療

障碍者の働くうえでの苦悩

 

 障碍者の働くうえで苦悩することを挙げていきます。(今回は障碍者枠について書きます)

 

・就職するのが難しい

 障碍者枠は狭き門であるため、なかなか採用に繋がりにくいです。一般の3倍の時間は要することを覚悟しておきましょう。1年以内に内定を獲得できれば、早い方といえるでしょう。

 

・就職しても長く続けられない

 健常者なら同じ職場で10年働き続けることはできても、精神障碍者は1年未満で退職する人があとを絶ちません。理由については下記に記していきます。

 

・給料が安い(待遇の悪さ)

 障碍者枠であった場合、健常者との待遇差でモチベーションの低下につながります。これでやめる人も少なくないのではないでしょうか。仕事はお金をもらえるからこそ、続けていけます。どんなにいい上司、同僚がいても金銭からすれば微々たるものです。こき使うために、架空の優しさを見せている可能性もありますから、騙されないようにしましょう。

 

・仕事をしても認められない

 能力の低い障碍者に当てはまります。努力をしたとしても怒られることで、自己嫌悪もしくは他人不信に陥っていきます。身に覚えのないことを指摘されることで、健常者に恨みを持つこともあります。

 

・敏感すぎるところがある

 健常者なら気にならない音を気にする、細かいルールに縛られすぎることによって、自分を苦しめていきます。

 

・精神的に病む

 様々な要素が重なることによって、メンタルに支障をきたします。知的障碍者などが一般で勤務した場合は、短期間で休職、退職に繋がることもありえます。(発達障碍の向かない職業なども同じ)

 

・余計なことをいってしまう

 ストレートな発言を連発して、他者の機嫌を損ねることになります。固く口にチャックすることで防げますが、これをすることでストレスをためることも起こります。

 

・和に入りにくい 

 余計なことを話してしまう傾向の強い障碍者は、休憩中を一人で過ごすことを余儀なくされます。

個人差はありますが、8~9割はうまくいかないです。

 

・目立ちやすいので、ターゲットにされやすい

 会社では浮かないことを求められます。障碍者は良くも悪くも目立つので、狙い撃ちされやすくなります。

 

*苦悩には様々な要因が重なります。健常者には決して答えを導き出せない苦しさによって、障碍者は苦労しています。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 発達障碍者の対人関係は長続きしにくい
  2. 役所の申請手続き(障碍者手帳等)は、時間が掛かり過ぎる
  3. ふるさと納税のお礼として届ける「水耕ニンニク」を自家栽培するA型…
  4. 同じ薬を複数の病院から処方されることで新しい発見がある
  5. 発達障碍が働く難しさ
  6. 障碍者は八方美人より一つに打ち込んでみたい
  7. 支援者(健常者)は利用者(障碍者)に無理を強いることが多い
  8. 利用者一人一人と向きあえるように、定員をしぼる福祉事業所がある

おすすめ記事

たんぽぽ 

施設の健全な環境の確保に努め、利用者の人間性を尊重し、明るく楽しい施設にし、利用者と地域住民との交流…

まっしゅべりー

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者を雇用して就労の機会…

相談支援センター あしすと

かえで作業所 

障害者総合支援法等関係法令の理念に則り、利用者の自立と社会継続活動への参加を促進するために、通所によ…

高次脳障害向けの支援を行う事業所を探してみよう

  高次脳障碍者とは能力のバランスが悪く、凹凸を抱えている病気である。(Aはとっても…

新着記事

PAGE TOP