福祉・医療

障碍者の働くうえでの苦悩

 

 障碍者の働くうえで苦悩することを挙げていきます。(今回は障碍者枠について書きます)

 

・就職するのが難しい

 障碍者枠は狭き門であるため、なかなか採用に繋がりにくいです。一般の3倍の時間は要することを覚悟しておきましょう。1年以内に内定を獲得できれば、早い方といえるでしょう。

 

・就職しても長く続けられない

 健常者なら同じ職場で10年働き続けることはできても、精神障碍者は1年未満で退職する人があとを絶ちません。理由については下記に記していきます。

 

・給料が安い(待遇の悪さ)

 障碍者枠であった場合、健常者との待遇差でモチベーションの低下につながります。これでやめる人も少なくないのではないでしょうか。仕事はお金をもらえるからこそ、続けていけます。どんなにいい上司、同僚がいても金銭からすれば微々たるものです。こき使うために、架空の優しさを見せている可能性もありますから、騙されないようにしましょう。

 

・仕事をしても認められない

 能力の低い障碍者に当てはまります。努力をしたとしても怒られることで、自己嫌悪もしくは他人不信に陥っていきます。身に覚えのないことを指摘されることで、健常者に恨みを持つこともあります。

 

・敏感すぎるところがある

 健常者なら気にならない音を気にする、細かいルールに縛られすぎることによって、自分を苦しめていきます。

 

・精神的に病む

 様々な要素が重なることによって、メンタルに支障をきたします。知的障碍者などが一般で勤務した場合は、短期間で休職、退職に繋がることもありえます。(発達障碍の向かない職業なども同じ)

 

・余計なことをいってしまう

 ストレートな発言を連発して、他者の機嫌を損ねることになります。固く口にチャックすることで防げますが、これをすることでストレスをためることも起こります。

 

・和に入りにくい 

 余計なことを話してしまう傾向の強い障碍者は、休憩中を一人で過ごすことを余儀なくされます。

個人差はありますが、8~9割はうまくいかないです。

 

・目立ちやすいので、ターゲットにされやすい

 会社では浮かないことを求められます。障碍者は良くも悪くも目立つので、狙い撃ちされやすくなります。

 

*苦悩には様々な要因が重なります。健常者には決して答えを導き出せない苦しさによって、障碍者は苦労しています。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 障碍者支援の問題点
  2. 障碍者就労の理想と現実
  3. e-ラーニングで障碍者向けのプログラムを学べる
  4. 発達障碍は社会全体から嫌われるわけではない
  5. 障碍によるハンディを理解する
  6. 障碍を持っていると正しいはずの答えが間違いとなることも少なくない…
  7. 発達障碍プロジェクト(発達障碍者向けサイト)
  8. 平熱であってもインフルエンザにかかる

おすすめ記事

相談支援センター あんなぁ

新型コロナウイルスで、何を思い?何をして過ごしていた?

現在、新型コロナウイルスで、緊急事態になっています。さて、今回の記事は…新型…

ライフナース

嘘をつかない、自分をみつめる、仲間を信頼するを掲げている…

株式会社あいリネン

熊取ひまわりの里

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP