福祉・医療

発達障碍は精神障碍2級の要素が強いように思う

 

 精神障碍者手帳は、療育手帳、身体障碍者手帳よりも基準が曖昧といえる。

 精神障碍者手帳の等級基準は国により定められているものの、身体、知的障碍と比べると曖昧な部分も少なくない。知的障碍ならIQ、身体障碍なら不自由な場所などによって等級を決められる。

 精神障碍の1級は明らかに重度なので、他者との区別をつけやすい。ただ、2級と3級についてはあまり大差がないように見受けられる。

 発達障碍で障碍者手帳を更新すると、3級と診断されることが多い(2級と診断されることもある)ものの、2級に近い側面を持つ。ストレス耐性は強くないし、他人のテンポに合わせるといったことは難しい。場にそぐわない行動を取ってしまうことも頻繁にある。対人関係は乏しく(友達はほとんどいない人も少なくない)、掃除を満足にこなせない当事者もいる。(ゴミ屋敷に近い)金銭管理こそ3級に近いものの、他の部分はほぼ間違いなく2級であるといえる。

 精神障碍手帳2級、3級では障碍年金の受給などで大きな差が生じる。当事者の不利益にならないよう、実態にそぐった判定をしてほしい。

 

 参考URL

https://www.mhlw.go.jp/web/t_doc?dataId=00ta4615&dataType=1&pageNo=1

・精神障害者保健福祉手帳の障害等級の判定基準について

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 医療関係者は国家試験に合格する前提で採用されている
  2. ミライロID(障碍者向け)というシステムがある
  3. 障碍者支援の問題点
  4. A型作業所の就職祝い金は、撤廃されるかもしれない
  5. 雇用保険制度の変更点
  6. 精神安定剤の服薬をやめよう
  7. 障碍者の多くは距離感を改善した方がいい
  8. 違和感のある支援者の発言

おすすめ記事

明けの星寮

沖縄観光スポット【ベスト5】②

沖縄を訪れた際、必ず行ってみて欲しい「観光スポット」をご紹介します。…

8月6日の巨人対阪神戦で野手が登板した

 8月6日の阪神対巨人戦で珍事があった。 試合について説明すると…

那珂の郷

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、…

とうだい

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者との常時の連絡体制を確保し、当…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP