福祉・医療

発達障碍に向く仕事、向かない仕事

 

  発達障碍に向く仕事、向かない仕事を上げていきます。(個人の意見なので、全員に当てはまっているとは限りません)

 

 発達障碍に向く仕事

・小説家・画家といった仕事(特筆な才能を持っている場合)

・データ入力(個人でできることが必須)

・ピッキング(自分のペースでできる)

・静かな環境でできる仕事(音が気になる人が対象)

・変更が少ない仕事(臨機応変に対応しにくい)

・会社が独自性を尊重してくれる環境であること(反対であった場合は居場所の確保が難しい)

・専門知識を生かす仕事(学者、専門家など)

・得意(特異)な能力を生かせる仕事(発達障碍当人によって異なります)

 

*個人のペースで仕事でき、他者とのコミュニケーションが不要であることで、ストレスの軽減につながります。 

 

 発達障碍が向かない仕事

・介護職、電話オペレーター、警備員といった臨機応変さが求められる仕事

・コミュニケーションをたくさん取らなけらばならない職種(精神的に疲弊する)

・スケージュール管理をしなければならない仕事(アバウトでないと、そこに神経をとがらせる)

・人との協力を求められる仕事(発達障碍は合わせるのが苦手)

・スピードを求められる仕事(得意分野ならいいけど、苦手分野は致命的)

・お客さんとへの説明などをしなければならない仕事

・障碍者であっても、一般と同じように働くことが求められる仕事(能力によります)

・車の運転(人によっては事故を起こしかねない)

・苦手分野が露骨に被ってくる仕事(空間把握が苦手な場合、シーツの交換などは難しくなります)

 

*他人に合わせる仕事は不向きといえるでしょう。能力によっては、選択肢がかなり狭くなります。

 

(注)これらも個人差があります。発達障碍であっても、向かない仕事をこなせる人は一定数います。

自分の特性を見極めながら、合った仕事を探していきましょう。(マッチングが激しい人は特に気をつけること)

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 薬の服薬、サプリメントの摂取はなるべく避けよう(実話含む)
  2. ショートショート『障碍者の闇』
  3. 伊藤周平『社会保障入門』(ちくま新書):ケアを考えるシリーズ3作…
  4. 都道府県で処方してもよい薬の量が異なる
  5. 支援者と利用者のあるべき関係は一部分で崩壊している
  6. マシンガントークの傾向がある人
  7. 障碍者の叫び
  8. 歯は虫歯にならなくてもしみる

おすすめ記事

にこてらす

障害者の福祉的就労 障害者の社会的な自立支援…

三田市障害者生活支援センター

1日に飲むコーヒーの量は?

この前、帰宅後テレビを見たら1日のコーヒーは3~4杯が良いと言ってました。3~4…

満天の丘 輝星

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して、就労の機会を提供するとと…

障がい福祉サービス事業所 はごろも

利用者の意思及び人格を尊重し、利用者の立場に立った、適切かつ円滑な指定生活介護の提供を確保することを…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP