福祉・医療

障碍者、健常者は信頼し合えるのか

 

 障碍者(基本的に先天性)、健常者(一般人)は信頼関係を構築することができるのか。

 個人的にはほぼ不可能だと思う。障碍者は細かいミスを連発することで、健常者の信頼を失いやすい。健常者からすれば、障碍者はけしからんという方向に傾いていく。

 遅刻、忘れ物が多いタイプもいる。人間としての基礎を怠ると、信頼を失うのは確実だ。

 気まぐれの激しさ、人間性の未発達などもマイナスポイント。こちらもマイナス評価となりうる要素だ。

 他の部分においても健常者は障碍者を減点する。信頼を築くだけの評価を獲得するのは至難の業だ。 

 障碍者側にとっても健常者は信頼しにくくなっている。幼少期のいじめ、差別などを受けた人なら顕著だ。健常者を敵とみなしても不思議はない。

 健常者は常識に優れているものの、未来予知能力(他人のやってほしいことをする能力)は0。障碍者の凸凹と相まって、最悪の展開を描くというのも珍しくない(退職につながるレベル)。障碍者からすれば、地獄に叩き落そうとしているように映る。そんな人間に信頼を寄せるのは根本的に無理がある。

 互いの長所を尊重し合える社会が構築されない(日本では短所のつつきあい)限り、寄り添うことはほとんどない。100年後、200年後も同じようなことが繰り返されるのではなかろうか。

 

*障碍によっては個人差があります。寄り添いやすい人、寄り添いにくい人のどちらもあると思います。 

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 職場で様々な課題と直面する発達障碍者へのアドバイス
  2. 障碍者支援の支援員は選べるようにしてほしい
  3. 初診のオンライン診察解禁(精神科のサイト付き)
  4. 佐藤優, 池上和子『格差社会を生き抜く読書』(ちくま新書):ケア…
  5. パラリンピックに知的障碍者部門がないのは健常者を参加させたチーム…
  6. 共栄はA型、B型併設作業所になる
  7. 障碍者は八方美人より一つに打ち込んでみたい
  8. 障碍者手帳の基準が全国で統一されていないことに違和感がある
PAGE TOP