福祉・医療

健常者は障碍者にベターを目指せといいながら、やっていることは全く違う

 

 健常者は障碍者にベターを目指せと口癖のようにいっている。

 当事者からすれば、ベターにさせていないのは健常者ではないかと思うこともある。努力をすれば手を差し伸べ(距離が近い)、怠けると完全にそっぽ向く(完全無視など)。当事者が極端だと思うのも無理はない。

 学校の成績においても努力で通常以上の評価になることもあれば、サボると一気に減点される。成績もあるけど、大人の意志も混じってしまっている。

 仕事においても評価が極端に分かれる(障碍者によって異なる)。スカウトされることもあれば、短期間で解雇に繋がることもある。中間の評価を得やすいかといわれると、そうなっていないイメージが強い。究極の選択肢のどちらかを選ばされている。

 大人の対人関係についても感じたことがあった。セクハラ発言(女性の身体に触れてみたい)であっても問題にならないこともあれば、かすかなことすら許されないこともある。どこが正解なのかよくわからなくなる。

 両極端な行動を取られることで、障碍者は徐々に追い詰められていくことになる。100か0思考に陥っていくのは、障碍者のそもそもの性質もあるけど、健常者によってつくられた一面も否定できない。(健常者はそこに気づいていない者も少なくない)

 健常者は平気で矛盾したことをいう(やる)性質を持つ。障碍者としては振り回されないよう、やり方を練っていきたいところ。自分の身を守る術をつけられるようになれば、ベターな人生をちょっとは目指せるようになる。

 他人のことは一切気にしない。その精神で生きるようになれば、健常者の行動も気にならなくなる。

その境地にたどり着くことで、100か0思考から抜け出す一番の近道となりうる。 

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 障碍者支援機関に登録する際の注意点
  2. 車椅子の使い方
  3. ショートショート『高齢者施設に変化』
  4. 役所の申請手続き(障碍者手帳等)は、時間が掛かり過ぎる
  5. 支援者ができるのは一つだけ【障碍編】
  6. 地元の名産である(五島手延べうどん)に特化したB型作業所の紹介
  7. 自分の生き方を貫けるのは才能のある障碍者だけ
  8. A型作業所を社内に作る企業が増えつつある

おすすめ記事

京都市西部障害者地域生活支援センター「うきょう」

マザーグースの家指定相談支援事業所

地域の皆様の一人ひとりの尊厳を守るため、関係各機関と連携・協働を図ります。…

江戸川区立障害者就労支援センター 農業・園芸授産事業

くるみ作業所

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提供するととも…

竜雲あけぼの学園

新着記事

PAGE TOP