福祉・医療

A型で在宅勤務を取り入れている作業所もある

 

 A型作業所では会社内で働くことが多いけど、稀に在宅勤務の人員を募集しているケースもある。(筆者はA型作業所を8~9くらい見学して、1つだけ在宅勤務可能の作業所を発見した。人数はわすかだった。内容については不明だけど、パソコンかなと思われる)

 A型作業所を利用したいと思っている障碍者の中には、体調、メンタル、対人関係に不安があるといった理由で、自宅勤務を希望する当事者もいるのではなかろうか。そういう人にとって、在宅勤務は救世主となりうる。近場に要望を聞いてくれる作業所があれば、会社と相談してみてはいかがだろうか。

 A型作業所は簡単な軽作業、施設外就労が中心であるため、在宅勤務を取り入れているのは少数派。パソコンを導入することで、自宅勤務を行いやすくなるので、こちらの仕事も検討してほしい。

 A型作業所に在宅勤務可能の企業が増えていけば、体調などに不安のある人も働きやすくなる。障碍者の働き方を多様化することで、秘められた潜在能力を発掘することに繋がっていくのではなかろうか。 

 新しい試みは多くのものを生み出すような気がしてならない。天才とも呼ばれる発達障碍の能力をみすみす捨てるのは、社会にとっても大きな損失。全ての戦力を生かせるような社会体制を作ってほしいと切に願う。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 社会的弱者をコロナウイルスの脅威から守ろう
  2. 精神科の口コミ情報はあたっているのか
  3. バリアフリー法の改正(今後の課題)
  4. A型作業所、B型作業所から一般就労する確率はかなり低い
  5. 依存症への精神科医の拒否感は強い
  6. 障碍者支援で思うこと
  7. モラハラ、パワハラで障碍者の雇用形態に変化をもたらす
  8. ハローワークにおける担当者と障碍者の意見の食い違い

おすすめ記事

麦の会ラベンダー作業所

事業目的  利用者の意志及び人格を尊重して、常に利用者の立場に立ったサー        ビスの提供を…

はつらつ農場 湯沢ファーム

利用者の意思人格を尊重し、利用者の立場に立った、適切かつ円滑な支援の提供を確保すること…

障害者就労支援センター ちいろば

目的 特定非営利活動法人ちいろば会が設置する障碍者就労支援センターちいろばにおいて実施する指定障害福…

障がい者スキルアップスクール

障がい者が、住み慣れた場所、人の心通じた生活しやすい地域で、就労しながら生活したいと思われる気持ちを…

へるぷふるplan

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP