福祉・医療

支援者(健常者)は利用者(障碍者)に無理を強いることが多い

 

  A型作業所、B型作業所、就労移行支援といった就職を目指す施設においては、支援者が障碍者の心身を守れていないことが少なくない。どうしてそのようになるのかを下記に挙げる。

 

(1)利用者は支援者のレベルついていけない

 支援者にとっては当たり前であっても、利用者にとってはハードルが高いことが頻繁に起こりうる。そんな日々を繰り返していくうちに体調、メンタルを壊してしまう。

 知的障碍者に一般レベルを求めるのは、立派な虐待になりうる。障碍者がもっと声を上げることで、支援者の暴走を食い止めていかなければならない。

 

(2)支援者が他者の気持ちを理解する能力がゼロ

 入院、体調不良で休みがちになってから対応しても遅い。そうならないようにするのが仕事とするならば、義務を果たせていないことになる。

 利用者の中にはいいところを見せようとして、体調を壊すパターンもある。お金をもらっている立場ならば、それくらいは理解できて当然ではなかろうか。

 利用者を潰した(故意の有無にかかわらず)支援者にイエローカード制を設け、3回該当した時点で永久資格停止処分にするくらいの厳しさが必要。

 

(3)作業所に通っている利用者の専門相談機関がない

 作業所に通っている利用者の心身を守るために、第三者を積極的に入れたい。(最低で月に一回) 支援に不適切と思われる支援者を退職させることで、利用者の体調、リズムを整えられるシステムづくりが必要((2))とも一部重なる。

 

 (1)(2)(3)を劇的に改善しない限り、虐待さながらの行動はなくならないのではなかろうか。支援者を守るのではなく、利用者第一の場所であってほしいと願う。 

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. A型作業所は手帳を取得していなくとも利用できる
  2. 障碍者のバスの恩恵範囲が広がった
  3. 障碍者の雇用保険(失業給付)
  4. 2021年4月から病院で感染症対策実施加算金がかかる
  5. 天才と障碍は紙一重
  6. 障碍者枠は週に30時間以上働くことが求められる.
  7. 障碍者の生涯工賃と比べてみた
  8. 就労移行支援利用(障碍者向け)を考えている方へ

おすすめ記事

障がい者就労継続支援A型事業所ドリフ

利用者を社会生活への適応のために必要な援助を行うことにより社会復帰の促進を図ることとする。利用者のノ…

白沢通園センター

1.生産活動に取り組んでいただき、作業技術・心構え等を習得し、より高い生産性が    発揮できるよう…

相談支援事業所そうじゃ晴々

地域のニーズに応えます。…

1/fゆらぎ

のびやか丸

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、一般の事業所等に雇用されることが困難であ…

新着記事

PAGE TOP