福祉・医療

発達障碍が働く難しさ

 

 発達障碍者が働くにあたって難しいと思ったのは、一般人の感情が他よりも動きやすいところにある。必死に頑張れば応援してもらえる反面、なまけてしまうと誰も口をきいてくれなくなる(浮いてしまった場合、他の感情をあまりに読めない場合も同様)。両極端になってしまいがちな一面がある。

 当事者にとってはどちらも好ましくない。応援されるというのは一見いいようだけど、無理をして自分を壊す確率が上昇する。期待にこたえなければという思いにさいなまれることで、自分を潰してしまう人は少なくない。過剰なノルマであっても、役立たずといわれないために頑張ろうとする傾向がある(できなかった場合のしっぺ返しを恐れるため。過去の失敗なども影響する)。

 誰からも相手にされないというのもあまりにも悲しすぎる。人間の尊厳などを大いに傷つけられることになる。こちらになった場合、再起不能な傷を負ってしまうリスクがある。

 発達障碍者としての理想は応援もされず、無視もされないこと。難しいかもしれないけど、一般人にはこれを求めたい。職場で出る杭になるような状態は避けてほしいのが本音だ(そのことで退職に繋がりかねないため)。

 発達障碍者にとって働きやすい環境が作られていくといいな。そのためには一般人の協力が欠かせない。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 休職中であっても条件を満たせば、就労移行事業所を利用可能
  2. 障碍者支援の場において
  3. いじめは障碍者の継続年数に影響を及ぼすのか
  4. 広く浅くが唱えられる限り、発達障碍は生きにくい
  5. 新薬には処方制限がある
  6. 脳性麻痺があっても前に進み続ける
  7. ショートショート『障碍者の闇』
  8. 誤魔化しながら継続していく障碍者支援
PAGE TOP