就労

e-ラーニングで障碍者向けのプログラムを学べる

 

  eラーニングにて、障碍福祉事業者向けの研究プログラムを提供している会社がある。パソコン、スマホ、タブレットにて受講できる。

 代表者は親族にダウン症の弟がいた。彼をどうにか助けたいと思いで、事業を立ち上げた。プログラムは支援者視点ではなく、障碍者視点で行われているようだ。 

 e-ランニングでは社会人としてのマナー、心肺蘇生の方法、利用者に対する支援方法など200種類の講座を用意されている。受講することで、社会人としてのありかたといった学習ができる。

 プログラムは当事者目線になっているため、他のプログラムよりも理解度を高められるのではなかろうか。現状に切羽詰まっていた場合、このシステムを利用してみることで突破口を開けるかもしれない。

 障碍者を雇おうと考えている企業に対しても講習も行っている。話を聞くことで、障碍者雇用に前向きになる企業が増えるといいな。e-learningによって、障碍者の生活をよりよくすることを願ってやまない。

 

*記事の参考サイトおよびURLは以下の通り

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200131-00010000-fukushi-soci

©障害福祉事業所向けのプログラムをネットで リーンオンミー(福祉新聞) – Yahoo!ニュース

 

*e-ランニングを検索できるサイトおよびURLをあげる。(他の会社もあるので、自分に合ったものを見つけよう)

https://leanonme.co.jp/shurounet/

©障がい者雇用eラーニング講座

 

*特記事項

 e-ラーニングでは他の福祉の講習を受けることもできる。自分が必要と思うサイトがヒットしたら、利用してみてはいかがだろうか。介護初任者研修なども行われている。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 就労定着支援を行っている就労移行事業所を利用しよう
  2. 仕事で一番「理不尽」を感じたこと
  3. 就労実績をあげている事業所の紹介(事業所は北海道)
  4. 障碍者の生きる道
  5. 障碍者同士が尊重し合うのは困難を伴う
  6. 松本俊彦『薬物依存症』(ちくま新書):ケアを考えるシリーズ4作目…
  7. 年収204万以上であった場合、就労定着支援も利用料がかかる
  8. 転職を3回経験したから言えること(上)

おすすめ記事

創造館 輝き

大分市障がい者相談支援センター きぼう21

多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供されることにより利用者が個人の尊厳を保持し…

地域生活支援センター 夢ポケット(クラブハウス ユメヤ)

事業所の支援は、利用者の就労の促進、生活の質の向上等を図ることができる よう、利用者又はその家族、そ…

共同作業所ほっとハート

生活のしづらさ(障がい者・引きこもり・独居・高齢者)の有無にかかっわらず、すべての人が安心して域外の…

喫茶さんご

目的:通所による就労や生産活動の機会を提供するとともに、一般就労に必要な知識、能力が高まった者は、一…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP