時事問題

阪神淡路大震災から25年が経過した

 

   阪神淡路大震災から25年が経過した。

 阪神淡路大震災では近畿圏で大きな被害があった。震源に近い神戸市市街地(東灘区、灘区、中央区(三宮・神戸ポートアイランド等) 兵庫区、長田区、須磨区)の被害は甚大だった。

 犠牲者(地震による死者)は6434人に達し、戦後としては東日本大震災に次ぐ被害規模となった。

 宙吊りさながらの状態になったバスがテレビで映し出されていた。一秒ずれていたら全員助からなかったかもしれない。地震のタイミングによって生死を分けた人も少なくないのではなかろうか。

 当時、筆者は兵庫県の北部に住んでいた。激しい揺れに襲われたのを鮮明に覚えている(震度5程度)。人生史で最も大きな揺れだったのは間違いない。

 母方の祖父、祖母が神戸に住んでおり、コップが数個破損したといっていた。祖父は自宅にいたから助かったものの、地震の時間がずれていれば犠牲者となっていた可能性は充分にある。

 復興によって家などが修復したとしても、人間の失われた心は完全には戻らない。25年前の地震に苦しんでいる人たちは、どのような心境で残りの人生を送っているのだろうか。

 遠くからでも構わないので、犠牲者の皆さんに黙とうを捧げてみよう。わずかにしかならなくとも、心が癒されるかもしれない。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200117-00010000-suntvv-l28

©阪神淡路大震災25年 県内各地で追悼行事営まれる(サンテレビ) – Yahoo!ニュース

 

※使用した画像は実際の画像ではありません。参考画像です。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. メダルを拒否した心理を想像してみた(ラグビー)
  2. 全国の最低賃金改定状況
  3. 脳性麻痺があっても前に進み続ける
  4. ラグビーのルールを知らない人のために!
  5. ストーカーで悩む人たち
  6. 台風被害の主題が、ローカル空港?ハブ空港?
  7. 特別採用枠を求めて動き出した求職者
  8.  日本女子プロ野球リーグについて

おすすめ記事

ぐらんぐらん

・利用者様の生活や疾病の状況に応じて、自立した生活または社会的な活動を行うことができるように支援を行…

相談支援釜石事業所

 利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、当該利用者との常時の連絡体制を確保し…

エンプロイメントサポートセンターミークス

ミークスでは、利用して頂く方お一人お一人の希望を伺いながら、「その方にとって何が必要なのか」「どうす…

有年就労継続支援B型事業所

1事業所は、就労継続支援B型を利用する障害者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、…

アースメイト2

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、生産活動や就労の機会、その他の活動の機会…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP