就労

退職の決め手は社内の空気

 

 本人の意志よりも雰囲気が決め手となった退職が多いという記事を見た。 

 指摘についてはあながち間違っていない。筆者も空気の悪い会社に在籍していた経験がある。仕事の過密さも伴って退職率は異常に高かった。三ヶ月未満で95パーセントの社員が退職届を提出していた。一日、二日でやめる人間もごまんといた。

 似たようなタイプが辞めるというのも該当する。どこの会社においても、誰かが辞めると性格的に近い人間からいなくなる。正反対の人の退職というのはあまり見かけない。

 空気を悪くするのはごくごく一部の社員(能力だけが無駄に高い人間)。恫喝、暴力といった  行動を繰り返し、社員のモチベーションを著しく下げていた。

 仕事において能力は大事だけど、他人に影響を及ぼすのであれば不要といわざるを得ない。空気を著しく悪化させていた人間を懲戒免職にしていれば、定着率はうんと上がっていたのではなかろうか。少数のために、多数が犠牲になる構造では会社はよくならない。

 会社ではパワハラ、モラハラに力にも力を入れるようになった。社会性に問題のある人間を排除することで、退職者を減らせるのではなかろうか。これからに期待していきたいところ。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191218-00000002-yonnana-soci

©倒産を招く連鎖退職の恐怖 ムードで辞める?今どき社員の特徴と予防策(47NEWS) – Yahoo!ニュース

 

文章:陰と陽

 

 

 

 

関連記事

  1. 障害のある方でも福祉関係の仕事で働けるのか⁉
  2. コロナウイルスは、人から犬へ伝染するのか?
  3. ラグビーのルールを知らない人のために!
  4. 西武が本拠地開催の試合で障碍者割引を行う(当日限定)
  5. 社会的弱者をコロナウイルスの脅威から守ろう
  6. 台風について③
  7. 春から新社会人となる人達へ
  8. 天才は表、一般人は裏で人に貢献する

おすすめ記事

佑宜

就労継続支援事業所ビッグハート

運営理念(障害者の社会参加及び自立・自己実現をするための支援をする)に基づき、職員のやさしい対応と利…

車椅子バスケットがパラリンピックから除外される可能性がある

 車椅子バスケットが東京オリンピックで開催されない可能性が浮上した。 国際パラリ…

ドリームコロニー

利用者の希望・目的に沿って、就労のための技術・知識・心構え等の研修及び就労の機会を提供し、利用者の工…

branch for pro

指定就労継続支援A型事業は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことが出来るよう、障がい者の日…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP