コラム

ショートショート『心を満たす人』

 

 心を満たしてくれる人は希少なのか、滅多に出会うことはない。一生に一度あればいい方といえよう。

 桜はこれまでの人生で一人しか出会っていない。他の人がどんなに親しく、優しくしても、あの人よりは格段に劣っていると思ってしまう。 

 心を満たしてくれる人は手の届かないところに行ってしまった。どんなに伸ばしたとしても、指一本振れることすら叶わない。生きているうちに、顔を合わせる機会もないと思われる。

 人間の記憶は、時間の経過と共に薄れていくもの。心を満たしてくれる存在のはずなのに、どのような声だったのかを完全に思い出すことができない。透き通っていたのをかすかに覚えているだけだ。

 顔を思い出すために、学校時代の卒業アルバムをそっと開いた。心から本当に必要としてくれていたその人は、他人に向けて笑みを向けているように感じられた。一度でいいから、自分にも同じようにしてほしかった。

 卒業アルバムをそっと閉じる。いつまでも過去に捉われていてもしょうがない。これから出会う人間を大切にしていけるといいな。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 不思議な話『熱湯では伸びないラーメン』
  2. 短編小説『どうしようもない男に鉄槌を下す時がやってきた』
  3. 物語の一巻目を簡単に解説! 第五回【こじらせ百鬼ドマイナー】
  4. 物語の一巻目を簡単に解説! 第二回【GOSICK-ゴシック-】
  5. 休むことなく、働き続ける髭
  6. ショートショート『夕食は鍋』
  7. 物語の一巻目を簡単に解説! 第六回【八十亀ちゃんかんさつにっき】…
  8. 魔法少女という名の時限爆弾

おすすめ記事

とびら

地域生活支援センター パレット

相談支援センター ひかり苑

事業所は、利用者がその有する能力及び適性に応じ、自立した日常生活又は社 会生活を営むことができるよう…

『ストレス』

ストレスって…人それぞれ…感じ方も…&n…

キピラート

当法人は、障がいのある方々に対し安心して暮らせる地域づくりを目指し、障がい者の日常生活及び社会生活を…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP