コラム

権力者は君主制を好み、庶民は民主主義を求める

 

 権力者は権力国家を好み、一般庶民は民主主義を求める。

 理由を以下に示す。

 

 権力者側

 

①多数の民衆を抑え込んでしまいたい

 権力者は少数であるため、憲法(法律)で多数の民衆を束縛したいのが本音。自由が認められるほど、身元が危なくなってしまう。国の決めたことに逆らえない状態にしないと、安定した生活を送ることは難しい。

 

②多数の感覚に縛られることで、人生を束縛される。

 権力者は庶民の思考になるのは難しい。発言の一つ一つに神経を尖らせる状態から抜け出したい。

 

*身近に例えるなら会社がわかりやすい。権力者は社長になることにより、上から締め付けるパターンが多い。(一般会社なら問題社員で解雇になる)会社では理不尽なルールがいくつも作られている。

 

 一般庶民

①権力者の世界で生きるのは嫌

 権力主義になると自由を制約される。歴史で権力主義は望ましくないことを民衆は理解している。

権力者は庶民を奴隷(コマ)のように扱ってきた。

 

②民主主義は多数派にとって都合がいい

 多数で権力者を監視することにより、権力者の暴走を止めることができる。

 

③一度経験してしまったら、権力主義に戻すのに抵抗がある。

 民主主義の快適さは一般庶民は忘れられない。自由のすばらしさを知っている。

 

*いじめ、パワハラなどが報道されるようになったのは一般人の力が大きい。権力者側の人間を排除することで、安定した社会を作り出したいという意志が働いている。社会は民衆側を重視する方向に進んでいる。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 中島義道『ウソつきの構造 法と道徳のあいだ』角川新書
  2. ショートショート:昼休みのひととき「女子社員の会話」
  3. ショートショート『ある野球女子の栄光と挫折』
  4. ショートショート『庶民が大金を入手した末路』
  5. ノンフィクション作品の魅力
  6. 伊藤周平『社会保障入門』(ちくま新書):ケアを考えるシリーズ3作…
  7. 一人の若者が太宰治について思うこと
  8. 物語の一巻目を簡単に解説! 第八回【とけだせ! みぞれちゃん】

おすすめ記事

社会福祉法人徳之島町社会福祉協議会指定一般相談支援事業所

利用者等の意志及び人格を尊重し、常に利用者等の立場に立った相談支援事業を行うものとする。…

法美匠

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに通所により生…

わたぼうし高槻

作業所 穂

1.目的 就労継続支援B型の適正な運営を確保するために必要な人員及び運営管理に関する事項を定め、就労…

カサーレ大川

関係法令を遵守し、利用者が自立した日常生活を営むことができるよう雇用して、就労の機会を提供するととも…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP