コラム

ショートショート『高齢者施設に変化』

 

  二〇五〇年、高齢者施設では異変が起きていた。入居者が集まらず、倒産に追い込まれる社会福祉法人が増加した。

 超高齢社会ゆえに、高齢者の数は充分すぎるほどにいた。ただ、入居に必要な金銭を収められる高齢者が減少していた。非正規社員として働いていた人間は、月々の入居費用を支払うことができなかった。

 高齢者の入居条件が厳しくなったことで、敬遠されたという事情もある。問題のある入居者を強制退去させる権利(条件付き)を施設側に与えたため、かなりの数の高齢者が追い出されるようになった。認知症、痴呆症、聴覚障害、視覚障害などの障碍を抱えている、利用者は高確率で施設から締め出された。

 民間で参入した会社の一部が懐をにぎわすために、問題行動を防止するための制度を悪用した。大金を入手しようと、入居者を些細な理由で退所させた。そのことが社会問題となり、高齢者は施設に頼らずに生きるようになった。なお、経営者は詐欺罪で警察に逮捕された。

 一度失った信用を取り戻すのは難しい。社会のサポートとして機能した、高齢者施設は新たな時代を迎えようとしていた。

 

*フィクションです。現実とは関係ありません。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 炊事がルーティン化した母親の胸中
  2. 職場で適応障害を発症する人が増えている
  3. 発達障碍は適性がはっきりしている
  4. 広く浅くが唱えられる限り、発達障碍は生きにくい
  5. 短編小説『どうしようもない男に鉄槌を下す時がやってきた』
  6. 年金制度の将来を案ずる
  7. 就労移行支援利用(障碍者向け)を考えている方へ
  8. 物語の一巻目を簡単に解説! 第三回【ストライクウィッチーズ 50…

おすすめ記事

多機能型事業所 であいの家

利用者が、日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者の適正を踏まえ人格を尊重し、適切かつ効果…

NPO法人 音幸舎

クレド

就労又は生産活動の機会を提供するだけでなく、必要なときに必要なサービスが提供できるよう努め、各関係機…

ほっとスペースHuG

地域の欠かすことのできない社会資源としての事業所として自覚を持ち、常に利用者本位を心がけ、その立場に…

セルプ花の木

・福祉・農業・観光を結び付けて過疎化になやむ地域おこしをめざす。 ・利用者の個々の自立を目指し、人権…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP