コラム

ショートショート『高齢者施設に変化』

 

  二〇五〇年、高齢者施設では異変が起きていた。入居者が集まらず、倒産に追い込まれる社会福祉法人が増加した。

 超高齢社会ゆえに、高齢者の数は充分すぎるほどにいた。ただ、入居に必要な金銭を収められる高齢者が減少していた。非正規社員として働いていた人間は、月々の入居費用を支払うことができなかった。

 高齢者の入居条件が厳しくなったことで、敬遠されたという事情もある。問題のある入居者を強制退去させる権利(条件付き)を施設側に与えたため、かなりの数の高齢者が追い出されるようになった。認知症、痴呆症、聴覚障害、視覚障害などの障碍を抱えている、利用者は高確率で施設から締め出された。

 民間で参入した会社の一部が懐をにぎわすために、問題行動を防止するための制度を悪用した。大金を入手しようと、入居者を些細な理由で退所させた。そのことが社会問題となり、高齢者は施設に頼らずに生きるようになった。なお、経営者は詐欺罪で警察に逮捕された。

 一度失った信用を取り戻すのは難しい。社会のサポートとして機能した、高齢者施設は新たな時代を迎えようとしていた。

 

*フィクションです。現実とは関係ありません。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 薬の副作用でアカシジアになるとどうなるか
  2. 発達障碍は社会全体から嫌われるわけではない
  3. 障碍者支援の支援員は選べるようにしてほしい
  4. 奇抜な発想が役立つ職業もある
  5. 障碍者の雇用保険(失業給付)
  6. 厚生年金の加入拡大
  7. 車椅子の使い方
  8. 法定雇用率は低すぎる

おすすめ記事

障碍者の叫び

 日本では障碍に対する差別意識が根強く残っている。相手が見えないインターネットは顕著…

有年就労継続支援B型事業所

1事業所は、就労継続支援B型を利用する障害者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、…

すてっぷ ぽこ・あ・ぽこ

1 事業所は、利用者の意思及び人格を尊重し、常にその者の立場に立って事業所のサービスを提供するように…

かけはしカフェ

ダルバートは、カレー定食だった⁉

『ネパール料理のフルコース』 https://ja.wiki…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP