コラム

ショートショート『パワハラ、セクハラ問題に真摯に取り組んだ結果』

 

 二〇五〇年、日本の会社は大きく変わっていた。

 二〇二〇年以降になると、パワハラ、モラハラ、セクハラ問題が熱を帯びていった。最初は容認されていた行動も、次々と規制がかかっていった。

 社内で行われるのは業務に必要なやり取りのみ。「天気がいいね」、「今日は温かいね」といったごくごく簡単な会話すら行われない。上司が立場を利用して、部下の時間を制約することは許されないという判決が最高裁で相次いだ。

 黙々と仕事に取り組む姿は、ロボットを思わせるものだった。社内では人間の形をしたロボットが仕事をこなしている。

 口調の荒いタイプは、部下、年下であっても敬語を使うようになった。話し方が荒いと判断された場合、パワハラとして処分される可能性があるためだ。

 乱暴な発言については一発アウト。停職、懲戒免職の処分が下されることがある。不必要なことをいわないよう、口をふさぐことが求められる。

 職場のタバコもモラハラ対象として完全にアウト。空気を汚すとして、一〇年前に完全禁煙が義務づけられた。違反した場合、企業は即座に従業員との契約を解除できる。

 肌への接触は指一本であったとしても許されない。故意で肩に触れるとセクハラが適用され、懲戒免職処分とする会社が多くを占めるようになっていた。昔はあったなれなれしいスキンシップは、完全に姿を消すこととなった。

 皆が目指していたハラスメントのない会社は、究極の生きにくさを作り出していた。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 松本俊彦『薬物依存症』(ちくま新書):ケアを考えるシリーズ4作目…
  2. 魔法少女という名の時限爆弾
  3. 短編小説『どっちもどっち』
  4. 『まんがタイムきららフォワード』を読み続けて思うこと
  5. 物語の一巻目を簡単に解説! 第八回【とけだせ! みぞれちゃん】
  6. 物語の一巻目を簡単に解説! 第一回【シャドーハウス】
  7. ショートショート『ある野球女子の栄光と挫折』
  8. 広井良則『持続可能な医療─超高齢化時代の科学・公共性・死生観』(…

おすすめ記事

相談室かるく

病気や障害があって日常生活を送るう上で不便を感じている方、これからの生活に不安がある方、または精神科…

個性の強い障碍者に読んでほしい、志村けんの名言

 今回のメッセージは、少数派の障碍者に対するものです。多数派の人間(健常者)はこの時…

私の食卓 ぐりん・どあ

この法人は、障がい者に対して、生活支援及び社会参画促進に関する事業を行うとともに、障がい者と地域住民…

障害者支援施設 陵北荘

就労移行支援事業等を利用したが一般企業等の雇用に結びつかない者や、一定年齢に達している者などにあって…

あすなろアクティビティセンター

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労継続支援B型サービス利用者…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP