福祉・医療

誰にも長所はある【障碍者編】

 

  知的障碍者だからといって取り柄(長所)がないわけではない。

 学習面だけでいうならば、健常者に負けているといわざるを得ない。二桁の足し算をできない、立体(三次元)の仕組みを理解できない、漢字が読めない、記憶するのが難しいなど多くの部分で劣っている。

 学校時代に勉強ができなくても、社会では関係ないというのも知的障碍者にはあてはまらない。基礎的な部分で弱さを持っているため、仕事の場で苦労することになる。軽度の境界線(IQ70~75)くらいになると、まともに業務を行うのは難しくなる。

 実力主義の社会では能力ばかりに目が行きがちだ。ただ、人間性はそれだけでは推し量ることはできない。

 知的障碍者には一般人にない素直さ、優しさを持っている。計算高い人間で溢れている中、人情味あふれる笑みを見ることで、心に温もりをもたらしてくれる。損得勘定で動いている、健常者には決して真似できない領域だ。

 第三者の感情に温かさをもたらせるのは、充分すぎるほどの長所といえる。その部分を胸に秘めながら生きることで、ポジティブ思考に導けるといいな。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. A型作業所、B型作業所の就職率と今後
  2. 睡眠導入剤の副作用の説明
  3. 雇用保険制度の変更点
  4. 障碍者支援で思うこと
  5. 福祉事業所(A型事業所、B型事業所)の通所をやめるタイミング
  6. 薬の副作用が副作用でなくなり、主作用になることがある
  7. 障碍者の生涯工賃と比べてみた
  8. 介護事業所の管理者のテレワーク解禁
PAGE TOP