福祉・医療

薬の服薬、サプリメントの摂取はなるべく避けよう(実話含む)

 

 薬やサプリメントから離れる生活をしたほうがよいと思う。服薬するにしてもなるべく効果の弱いものにしたいところ。体質改善をすれば、漢方薬で充分な効果を見込めるようになる(慣れるまでに個人差はあると思われる)。

 筆者は中学生時代から薬漬けの日常を送ってきた。現在ではアレルギー剤、精神安定剤、痛み止めなどを服薬している。

 効果があると思われるのは鼻炎の漢方薬くらい。精神安定剤については、効力があるのかどうかすら定かではない。

 痛み止めについてはヘルニアの状態が改善したため、服薬の回数を減らした(以前の三分の一以下)。たまに腰に違和感を感じるものの、日常生活で不自由を感じることはほとんどなくなった。間隔をあけるようにして、最終的に漢方薬だけで済ませようと思っている。胃に穴を開けかねない薬は、なるべく避けたほうがよい。

 精神安定剤(リーゼ)も医師から服薬をやめるようといわれている。こちらも主治医と相談しながら、数を減らしていこうと思っている。最終的に一錠も飲まなくなったとしても、精神状態はほとんど変わらないような気がする。(一時的な禁断症状の可能性はある)

 一時期、オルニチンは効果があるからと味噌汁を飲んでいた。個人的な感想だけど、ほとんど意味はなかったように感じられる。CMでは飲むとすっきりすると宣伝していたけど、飲まないと依存症で苦しむというのが正しいような気がする。味噌汁の中に人間の脳に訴えかけるような、成分が含まれているのではなかろうか。

 こちらについてはさっぱりとやめた。定期的に飲んでいたときよりも、心はすっきりしているように思える。

 薬やサプリメントを飲まない生活を送ることで、健康な身体を作ることができる。夢のような生活環境を整えるのはあなた次第だ。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 障碍者就労の理想と現実
  2. 障碍者の切なる願い
  3. 発達障碍者からすると、利用者に寄り添うという企業理念はでまかせ
  4. 障碍者の生涯工賃と比べてみた
  5. 精神科を変更する場合にやっておきたいこと
  6. 薬を飲むと死亡リスクが高まる
  7. 障碍者が一般会社で働く難しさ6
  8. 障碍者は支援者などに対して主に2つの評価を出す
PAGE TOP