福祉・医療

鍼治療を受けてみた感想

 

 病院で鍼治療を受けてみた。

 一回あたりの料金は1600円程度となっている(病院によって異なる)。所要時間は30分程度となっている。

 治療のやり方は医師によって違う。背中にお灸をすえるだけというものあれば、腰に鍼を刺して電流を流すという方法もある。どれが一概にいいとはいえないので、自分に合った方法を模索してみよう。前者はゆっくりと体を治していく、後者は即効性を見込めるときに用いられる。

 筆者は鍼を腰に刺す方法を用いている。腰に刺す鍼は非常に細いタイプとなっている。

 鍼の刺さったときの感度によって、腰の状態を知ることができる。違和感が強い(状態が悪い)ほど、鍼の痛さを感じにくい傾向にある(腰が凝っていると、針が刺さった感覚がまったくなかった)。経過が良好なときは、鍼の痛みをはっきりと感じる。(注射よりも痛いと思ったこともあった) 

 痛みを軽減する効果があるものの、万全とはいいがたい。重労働をしていると、鍼治療を行った次の日にぎっくり腰をやらかすこともある。鍼で治療するより、重量物をもたないように心がける方が、治療への近道となる。鍼はあくまで補助的な役割を担っていると考えよう。

 重労働に従事しており、腰に違和感があれば受けてみてはどうだろうか。人によっては大きな効力が見込めるかもしれない。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. インターネットでおすすめされている就労移行支援事業所
  2. 障碍者同士が尊重し合うのは困難を伴う
  3. 都道府県で処方してもよい薬の量が異なる
  4. 障碍者支援は脳を腐敗させなければつけない職業
  5. 車椅子の使い方
  6. 高次脳障害向けの支援を行う事業所を探してみよう
  7. 豊富なプログラムを組んでいる、就労移行支援事業所(工賃も支給)
  8. ミライロID(障碍者向け)というシステムがある

おすすめ記事

駒ヶ根市障害者就労支援センター伊南桜木園 

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提供するとと…

障害者地域生活支援センターほほえみ

オリーブ

利用者の意志と尊厳を尊重し、一般就労に必要な知識及び能力の向上のための訓練を提供するとともに、利用者…

多機能型事業所 サポートステーション心桜

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供する(就労継続…

障碍者が一般会社で働く難しさ3

『障碍者が一般で働く難しさ(続編)』11.周りの評価を気にしすぎ…

新着記事

PAGE TOP