健康

精神安定剤を服薬中に事故を起こすと罪が重くなる

 

 精神安定剤(車を運転しないように表記されている)を服薬していると、事故を起こした場合に危険運転致死傷罪に問われる可能性がある。

 危険運転致死傷罪は自動車の危険な運転によって、人を死傷させた場合に適用される。刑期は死亡事故は15年以下、負傷事故であった場合は最長で12年となっている。

 導入の背景はてんかんで死亡事故を起こしたことにある。世間から厳罰化の声があがり、道路交通法が改正された。アルコールだけでなく、精神安定剤によって正常な運転が難しいと判断された場合、危険運転致死傷罪が適用されるようになった。

 精神安定剤を飲むことで、アルコールを飲んだ状態に近くなる。認知能力などが低下しているため、事故を起こす確率があがる。効力に個人差はあるものの、危険であることに変わりはない。

 精神安定剤では運転を控えるように記されているタイプ、条件付きで運転をしても良いとされる薬がある。前者を飲んでいる場合には、原則として運転を控えよう。事故を起こしてから、やめておけばよかったでは済まされない。

 一度きりの人生を不意にしないためにも、精神安定剤を服薬して運転するのは控えたいところ。事故は被害者、加害者のどちらの人生も一瞬で終わらせてしまいかねない。死亡事故の悲惨さを知っている者として、そのことを強く訴えたい。

 

文章:陰と陽

 

 

関連記事

  1. 障碍者の多くは距離感を改善した方がいい
  2. 発達障碍は社会全体から嫌われるわけではない
  3. 支援員の思いやりで障碍者は苦しむ
  4. 重度障碍者が国政の場で働く
  5. 障碍を持っている人が、言われるとつらいこと
  6. 障碍者福祉における支援者側の課題
  7. 障碍について【先天性と後天性の違い】
  8. 惹きつけられる魅力

おすすめ記事

リハビリー・おおぞら

リハビリー・おおぞらが行う、「障害者総合支援法」に基づく障害福祉サービスの就労継続支援A型事業の適正…

ハートスイッチ就労定着支援事業所倉敷

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労に向けた支援と通常の事業所に新たに雇…

ワークホーム須磨

しらかば園

”つくる喜び、出来る楽しみ、創造する力”をコンセプトに、就労の機会を通じて、生産活動にかかわる知識や…

自分の生き方を貫けるのは才能のある障碍者だけ

 障碍者と聞くと能力の劣っているイメージを持ちがちですが、実際はそんなことはありませ…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP