福祉・医療

障碍について理解を深めると

 

 自分の障碍について理解を深めるほど、あらゆる方面で支援者との話が噛み合わないことに気づく。(能力、生き方、やり方など)

 障碍者は一般論で生きることは難しい(障害の度合いが強いほど傾向は強くなるものの、程度によるので一概にはいえない。後天性の障碍なら参考になる可能性もある)。そのような立場の人間に、世間一般の生き方を伝授する意味は薄い。

 支援を受けた当事者は前進するどころか、後退の道を歩むことになる。指導の方向性を誤ると、命を失うリスクも生じる。(広汎性発達障害だと車の運転、介護、医療などは危険を伴いやすい)命は助かったとしても、自信を喪失し、将来に計り知れない影響を与えることになる。(筆者はその一人)

 同じベクトルを向いていないのであれば、支援機関と相談を打ち切ってしまうのも一つの手段。噛み合わない話を延々と続けていても、当事者のメリットにならない。他人の助けを借りられないのは辛くとも、地獄に叩き落されるよりはずっといい。

 障碍の知識を全く持っていない支援者に相談するのが本当に正しいのか、そのことを自分の中で吟味してみるのはどうだろうか。 

 支援機関は障碍者の実行しにくい(主に発達障碍)指導をしているが、そうしたことに無自覚なばかりか、時には善意の押し付けになっていることさえある。それを指摘した内容の記事を書いた人もいた(筆者はfacebookで送られてきた)。当事者目線の書物に目を通してみると、新しい発見があるかもしれない。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 障碍者施設に感じたわずかな希望
  2. A型作業所にて施設外で勤務する障碍者は一般でやっていけるのではな…
  3. 知的障碍の生きにくさ
  4. A型作業所、B型作業所から一般就労する確率はかなり低い
  5. 天才と障碍は紙一重
  6. ハンデを抱えたことを嘆かないように(ピアノ)
  7. 発達障碍、精神障碍はもっと分かりやすく明記してほしい
  8. 漢字を書けなくとも履歴書を作成できるという話に感動した

おすすめ記事

ワークサポート青葉

変則将棋を楽しんでみよう

 変則将棋として王手将棋が挙げられる。 基本的な将棋では王を詰ませば勝利となるの…

『時が経つのは早い』

青春に満ち溢れている10代真剣にこれからの人生を考える20代…

障害者支援施設 遠野コロニー わさぴっと

・生命の尊重と身体の安全を基本に、一人ひとりをかけがえのない存在として大切にします。 ・ひとりの人間…

ワークセンター こころ

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP