福祉・医療

障碍者が会社で居場所を確保するためには

 

 障碍者が会社でうまくやっていくコツ、それは余計なことをぺらぺらとしゃべらないことである。同僚と仕事の話をする程度にとどめておくと、居場所を確保しやすくなる。

 一部の障碍者は場に添った適切な発言を非常に苦手としている。安易に口を開くことで、周囲に迷惑をかけてしまいかねない。失言癖があると自覚しているのであれば、きつくチャックを閉じるように心がけたい。

 当事者は距離感も苦手としている。相手と接近しすぎないように注意しよう。「親しき仲にも礼儀あり」というように、限度を超えると嫌われてしまいかねない。

 能力が低い場合は素直さを身に着けたいところ。迷惑をかけている状態で、反抗的な態度を取ると堪忍袋の緒が切れてしまいかねない。同僚の意見にしっかりと耳を傾けよう(奴隷になれというわけではない)。

 他にもいろいろとクリアすべき課題はたくさんある。一つ一つクリアしていくことで、良い環境を作り上げていきたい。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 障碍者枠はブランクよりも能力を重視することもある
  2. 条件付きで訓練費を支給される就労移行事業所もある
  3. 障碍の「し」の字すらわからないサービス管理責任者の作成する支援計…
  4. 発達障碍プロジェクト(発達障碍者向けサイト)
  5. 精神安定剤って、効いているのかな?
  6. 車椅子の使い方
  7. 障碍者は口だけにならないように
  8. 統合失調症という病について
PAGE TOP