生活

天婦羅は変わり種がたくさん存在する

 

 天婦羅は「江戸の三味」の一つであり、江戸(東京)の郷土料理。現在では世界各地に広がり、多くの人に愛されている。

 天婦羅は魚介類、野菜が主流となっている。これに天つゆをつけて、食するのが基本となる。

 天婦羅屋では一部の食材を想定しているのか、数種類の塩が置かれている。岩塩、カレー、抹茶などで天婦羅を食べてみると、新しい発見があるかもしれない。

  天婦羅には変わり種も多数存在する。アイスクリーム、ケーキ、饅頭、干し柿、梅干、半熟卵、ウニ、寿司、リンゴ、めんたいこ、ビスケット、もみじ、生ショウガなども天婦羅になる。

 筆者は半熟卵の天婦羅を食べたことがある。外はしっかりと固まっていて、中は半熟の状態だった。これまでに食べたことがなかったので、すごく斬新だった。天婦羅屋に入ったときは、一度食べてみるのをおすすめする。

 チーズケーキの天婦羅も食した。こちらは火に通すことで、ケーキの甘味が増すように感じられた。機会があればこちらももう一度食べてみたい。

 無限大の可能性を秘めている天婦羅、これからどのような新種が作られていくのか目が離せない。 

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. JR西日本は有料座席のAシートを増便
  2. 働きアリの法則
  3. お金を使いすぎる人に実践してほしいこと
  4. 私が使っていた化粧品
  5. タクシーが車椅子利用者を乗車拒否
  6. 淡路島産のタマネギ
  7. 昔は存在していたもの
  8. 料理以外の『さ・し・す・せ・そ』知っていますか?
PAGE TOP