福祉・医療

役所の申請手続き(障碍者手帳等)は、時間が掛かり過ぎる

 

  障碍者手帳、自立支援の手続きが遅くなると、当事者、企業、病院関係者に迷惑がかかってしまう。

 当事者としては障碍者枠での企業採用に影響が出かねない。近年では減ったものの、障碍者手帳のコピーを求められることがある。期限切れの手帳では障碍者枠として認定されず、採用に不利になることもある。

 企業としては当事者を障碍者枠として従業員を雇っている。障碍者手帳がなければ、手続きに支障が出てしまうことが予想される。障碍者の数が足りないと納付金を取られ、企業名を公表されてしまう。計り知れないデメリットがある。

 病院関係者にも迷惑がかかることになる。自立支援は上限金額によって支払う金額が決まる。未定では対応に困ることになる。事務的なことから、返金、集金に余計な手間をかけるのは避けたいところ。

 近年は障碍者手帳を申請する人が増えているため、手続きに時間がかかるのはわかる。それならば、手続きに要する機関を見越して、申請を早くできるようにすればいい。手続き期間は2~3か月程度なので、4か月前から申請できれば空白期間をなくすことができる。

 当事者、企業、指定された機関の病院関係者が困らないような制度の構築を望みたい。 

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. モラハラ、パワハラで障碍者の雇用形態に変化をもたらす
  2. 障碍者の法定雇用率は引き上げられるかもしれない
  3. 障碍者支援の支援員は選べるようにしてほしい
  4. 障碍者の一部は職場に居場所を確保するので一杯一杯
  5. テレワーク後に感じるようになった出社ストレス
  6. 障碍者の働くうえでの苦悩
  7. 障碍者支援の場において
  8. 障碍者施設で長続きする人、すぐにやめてしまう人

おすすめ記事

こぶし作業所

関係法令を遵守し、他の社会資源との連携を図った適正且つきめの細やかなサービスの提供に努める。利用者の…

かもめの家事業所

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提供するととも…

慈愛福祉学園

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提供…

NPO法人 元気工房

【基本理念】 ●よく働きよく遊び、他人の事を思いやれる人になれるよう、その人に合わせた援助を行ないま…

居処どこでも

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動…

新着記事

PAGE TOP