コラム

「職場の一日」

 

 昼食を食べると眠気が襲ってくる。

 

 寝たい、眠たい、横になりたい。

 

 仕事の休憩時間が終わりを告げようとしている。あと五分、あと五分でいいから待ってくれないかな。

 

 勤務まで残り一分に迫った。眠気をちょっとだけ吹き飛ばしてから、デスクに向かう。もうちょっと休憩していたいと思っても、時は待ってくれない。

 

 眠気と闘いながら、昼からの仕事に取りかかる。睡魔に襲われて眠い、眠い、眠いよ。

 

 残り五時間をどのように乗り切ろうかな。本日の終わりはまだまだ遠い。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. コラム:『庭園にて』
  2. どうなるかわからない
  3. 短編小説:『異常な世界』
  4. エッセイ:『ある愚考のひとつのかたち』
  5. エッセイ:『連休の夢』
  6. 小さな煩い 大きな煩い
  7. 中井 久夫『治療文化論: 精神医学的再構築の試み』岩波現代文庫
  8. 小説:『出会いはどこから転がり込むかわからない 中』

おすすめ記事

相談支援事業所アシスト 

事業所職員は、利用者の身体その他の状況及びその置かれている環境に応じて、利用者が自立した日常生活又は…

コスモスケアプランセンターせんぼく

利用者等がその有する能力及び適正に応じ、自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、福祉サー…

障害者支援センター未来 就労継続支援B型事業所

なないろ作業所

利用者が住み慣れたこの町で豊かな生活を送っていけるように、日中活動において就労の機会を提供すると共に…

相談支援事業ハートランド小牧の杜

新着記事

PAGE TOP