雑学

日本で最初に餃子を食べた人は「ご隠居さま」?

 

ご隠居さま」?...とは、助さんと格さんを従えていた黄門様こと徳川光圀です。

光圀は、日本で最初にラーメンを食べた人物とも言われています。(諸説あります)

光圀にラーメンを供したのは中国から亡命した「朱舜水」(しゅしゅんすい)で、彼は餃子も作り、食べさせたと言うことです。

 

その後、「卓子調烹法」と言う中国の料理本が1778年に出版され、それには餃子の作り方が記載されていたようですが、一般庶民の食べ物としては広まらなかったようです。

 

餃子は美味しいですよね!

特に、 餃子とビールの組み合わせは最強だと思います。

筆者は、お酒好きでは無いので、誘われた時にしか飲みに行きません。

そんな筆者ですが、20代の頃は、お酒好きの同僚と、よく餃子を食べに行ってました。

その時は大瓶のビールを3~4本は飲んでいた記憶があります。

 

 

日本で餃子が普及しはじめたのは第二次世界大戦後、中国(特に東北部の満州)にいた日本人が、帰国後、ご飯のおかずとして合うようにと、薄皮で包み焼いて食べていた「日本風餃子」が店舗で販売され、人気になったようです。

 

余談ですが、筆者の祖母も戦前は中国(満州)に住んでいました。

筆者が子供の頃、祖母が餃子をよく作ってくれたのを覚えています。

その時に言っていたのが、中国では餃子を茹でて(水餃子)食べる方が普通だと言うことです。

中国ではニンニクは入れない」とも言ってました。

そのため、筆者が家で食べていたのは、 ニンニクを入れない水餃子でした。

(ニンニクがなくても美味しいですよ!)

 

文章:エムユー

関連記事

  1. うどんが冷凍で売られている理由
  2. 「ラジオ局の周波数」なぜ切りが良くない?
  3. なぜ幽霊には足がないのか?
  4. 世界の国と国旗☆第55回目 グアテマラ共和国
  5. 世界の歴史上人物 第1回目 ― ニコラエ・チャウシェスク
  6. 世界の国と国旗☆第52回目 ギリシャ共和国
  7. 台風について②
  8. ワールド・キャット・デイ!

おすすめ記事

松任23Work

就労継続支援B型事業所 いろどり

法人理念のもと、「支援の質」にこだわり、長期的な支援を職員全員がチームとして行うことを 心がけます。…

クローバーサポート 南福岡店

利用者の自立を支援し、利用者の一般就労を目的に運営しています。 一人ひとりに合わせた仕事を提供し、無…

あははのきち

障がい者ITサポートおきなわ

ITを活用して可能性を拓き、働き方を選択できるようにサービス提供に努めとともに、障がい特性を伝える力…

新着記事

PAGE TOP