レジャー

プロ野球ペナントレース優勝の行方は?(セリーグ編)

 

 プロ野球のペナントレースは残り20試合となった。

 セリーグでは巨人が5年ぶりのリーグ優勝に向けて、ペナントレースのトップに立っている。大きな連敗をしなければ、優勝する確率は高いと思われる。

 エースの菅野が2回降板のアクシデントに見舞われた。この時期に離脱すれば、戦力ダウンは避けられない。

 4連敗中に打線が振るわないのも気がかり。リーグトップの得点力を誇るも、爆発する、沈黙するを繰り返しており、コンスタントに点数を入れられていない。安定した力を発揮できるようになれば投手陣にとって心強いし、チームも波に乗っていく。

 2位のDeNAにもチャンスは残されている。首位とは2.5ゲーム差。6試合残されている直接対決で5勝以上をあげられれば、逆転優勝も現実味を帯びる。巨人との試合で総力戦を展開し、勝利をもぎ取りたい。幸いにも巨人との相性は悪くない。

 DeNAの優勝のカギを握るもう一つの要素は、阪神戦をどう乗り越えるかということ。苦手意識を払しょくできなければ、優勝は幻と化す。Bクラスのチームにいかに取りこぼしをしないかが、上を目指すにあたって重要だ。

 5年ぶりに巨人が優勝するのか、Denaがチーム名が変わってから初めてリーグを制するのか。セリーグから目が離せない。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 【サッカー】伝説の選手、デニス・ベルカンプ
  2. 【レポート】特別展「毒」に行ってきました!!
  3. 【欧州CL】決勝のカードが決まる
  4. クライマックスシリーズの是非を問う
  5. 【サッカー】日本代表、パラグアイ代表に4-1の快勝!
  6. 大相撲の阿炎が引退届を提出
  7. 京阪電車では特別料金のかかる急行運用もあった
  8. 大晦日の深夜、正月限定の急行プレミアムカーに乗車してみよう
PAGE TOP