福祉・医療

発達障碍は社会全体から嫌われるわけではない

 

  発達障碍者は90パーセント以上に煙たがれ、10パーセント未満の人に支えられながら生きている。そういった人が多いのではなかろうか。

 

 発達障碍は基本的な社会ルールを理解できない変人ゆえに、クラスメイトの大多数の人から嫌われる。いじめに遭う、社会的奴隷とみなされる経験をした人も少なくないのではなかろうか。心が崩壊し、ひきこもりになってしまった大人もいるかもしれない。

 

 大多数から嫌われていたとしても、本当に支えてくれた人がいるのも事実。そういう人を見落とさないように留意しよう。全員からマイナス評価を下される人間は誰もいない。マイナスばかりにとらわれていると、最大の好機を逃しかねない。

 

 発達障碍をプラスに感じる人は、どんなことがあっても仲間でいてくれる確率が高い。マイナスの部分を曝け出しても、良い部分を認めてくれようとする人材は非常に貴重だ。そういう人と交友関係を築けるように努力をしてみてはどうだろうか。

 

 発達障碍に生まれると、どうしてもマイナスに目がいきがちとなってしまう。そうだとしても、プラスの経験もきっとしているはず。そのことを胸に秘めながら、一日一日を生きていると、人生を好転させることに繋がっていくのかもしれない。

 

 発達障碍であっても、生きていてよかったと思える人が一人でも増えることを願ってやまない。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 年収204万以上であった場合、就労定着支援も利用料がかかる
  2. 第三者のために力を尽くしても認められない
  3. パラリンピックに知的障碍者部門がないのは健常者を参加させたチーム…
  4. 発達障碍者向け恋愛サイトがある
  5. 発達障碍は精神障碍2級の要素が強いように思う
  6. 長崎五島の名産となっている「なんや餅」を販売するB型作業所の紹介…
  7. 障碍者は口だけにならないように
  8. 伊藤周平『社会保障入門』(ちくま新書):ケアを考えるシリーズ3作…

おすすめ記事

IKUASU

プラザあやはし

城山共同作業所 

城山共同作業所は一人一人の障害に合わせた就労支援を目指しています。そして社会人として成長し、力を合わ…

サスケ・アカデミー新居浜

利用者が自立した生活を営む事が出来るよう生産活動・職場体験等の活動の機会の提供、就労に必要な知識及び…

はたのさと

・労働を通して社会と繋がっている事を実感し、協力する喜びや頑張ったあとの達成感、「新しい自分の発見」…

新着記事

  1. 病苦
PAGE TOP