福祉・医療

障碍によるハンディを理解する

 

  障碍当事者にとって辛いことの一つとして、努力しても相手に伝わらないことが挙げられる。精神障碍者もかなりの苦難を強いられるけど、知的障碍者とは比にならない。彼らにとっては死活問題と呼べるほど大きな問題だ。

 知的障碍を患っていると、成長のボーダーが一般人よりも低い統計結果があり、軽度知的障碍で一般人の半分ほどにとどまる。重度となるとより重くなる。汗を流したとしても結果に繋がらないことがままある。

 日本の風潮として才能を否定する人が多いけど、知的障碍者は紛れもなく成長の壁に阻まれている。生まれつきの障碍を抱えることによって、計算、空間把握、言語力、瞬発力、指先のいずれかが他人よりも著しく劣っている確率が高い。一般人が1000年解析したとしても分かり得ない、生きにくさを感じている。

 人間社会は結果のみで判断してしまいがち。成果を上げられなければ、やっていないとみなされる。それゆえ、知的障碍者は能力で褒められることはほとんどない。

 他人に迷惑をかけることで、本来は関係ないはずの人格まで否定される。あるいは否定されたと思い込んでしまう。そのことで、心理に大きなマイナスを及ぼしてしまう。最終的にはひきこもり、自殺志願者などを生み出すことにもつながる。

 悪い空気はウイルスのように拡散し、病気を抱えていない者にも伝染する。負が新たなマイナスを生み出す。

 当事者の苦労を分かってほしいとは思わない。そうだとしても、もっと優しさのある社会で生きたい。障碍者が明るく生きられるような社会が構築されていくといいな。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 交通費を全額負担、資格試験は無料の就労移行事業所の紹介
  2. 障碍者福祉における支援者側の課題
  3. 障碍者が働く(就職活動をする)ときに気をつけるポイント2
  4. 障碍について理解を深めると
  5. 支援者と利用者のあるべき関係は一部分で崩壊している
  6. 障碍者枠で就労した後の体制を考える
  7. 障碍者手帳更新及び自立支援手続き費用の一部補助を行う地域がある
  8. 障害のある方でも福祉関係の仕事で働けるのか⁉

おすすめ記事

益子マインド

ピアサポートわっこ 

障害者の権利を尊重…

障がい者支援施設南幌めぐみ学園

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう生産活動やその他の活動の機会を通…

就労継続支援B型事業所 ステップ

通所による就労や生産活動の機会を提供するとともに、一般就労に必要な知識・能力が高まった者は、一般就労…

アネラ桑名 

1.事業所は、利用者に対して、その自立と社会経済活動への参加を促進する観点から、保護並びにその更生に…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP