福祉・医療

障碍によるハンディを理解する

 

  障碍当事者にとって辛いことの一つとして、努力しても相手に伝わらないことが挙げられる。精神障碍者もかなりの苦難を強いられるけど、知的障碍者とは比にならない。彼らにとっては死活問題と呼べるほど大きな問題だ。

 知的障碍を患っていると、成長のボーダーが一般人よりも低い統計結果があり、軽度知的障碍で一般人の半分ほどにとどまる。重度となるとより重くなる。汗を流したとしても結果に繋がらないことがままある。

 日本の風潮として才能を否定する人が多いけど、知的障碍者は紛れもなく成長の壁に阻まれている。生まれつきの障碍を抱えることによって、計算、空間把握、言語力、瞬発力、指先のいずれかが他人よりも著しく劣っている確率が高い。一般人が1000年解析したとしても分かり得ない、生きにくさを感じている。

 人間社会は結果のみで判断してしまいがち。成果を上げられなければ、やっていないとみなされる。それゆえ、知的障碍者は能力で褒められることはほとんどない。

 他人に迷惑をかけることで、本来は関係ないはずの人格まで否定される。あるいは否定されたと思い込んでしまう。そのことで、心理に大きなマイナスを及ぼしてしまう。最終的にはひきこもり、自殺志願者などを生み出すことにもつながる。

 悪い空気はウイルスのように拡散し、病気を抱えていない者にも伝染する。負が新たなマイナスを生み出す。

 当事者の苦労を分かってほしいとは思わない。そうだとしても、もっと優しさのある社会で生きたい。障碍者が明るく生きられるような社会が構築されていくといいな。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 障碍者が一般会社で働く難しさ7
  2. 発達障碍が働く難しさ
  3. 樺沢紫苑著『精神科医が教える病気を治す感情コントロール術』あさ出…
  4. 障碍者にも希望はある
  5. 障碍者福祉における支援者側の課題
  6. 支援員の思いやりで障碍者は苦しむ
  7. 利用者と支援者の距離感【障碍者編】
  8. 障碍者支援員は考えるのを苦手とする

おすすめ記事

『手を伸ばしても…』―届かないものもある―

空に大きな雲が一つ。その雲を捕まえたくて…思…

NPO法人 コスモス園

働く意欲がありながら、社会に雇用されることが困難な知的障害者・身体障害者・精神障碍者を通所させ、その…

障がい者就労支援B型事業所マリアハウス

レーヴ

障害者に対し就労又は生産活動の機会の提供その他の便宜を適切かつ効果的に行うものとする…

つなぐ

新着記事

PAGE TOP