雑学

リンスインシャンプーって良いの?

 

筆者は、もう十年以上「リンスインシャンプー」を使っています。
なぜかというと、シャンプーの後にリンスやトリートメントをする時間をなくしたいからです。

以前の職場では、午後11時頃に帰宅することが多く、お風呂に入る時間を少しでも短縮したくて、リンスインシャンプーを使ってみました。
実感として、これで良いかと思い、使うようになりました。

今の職場では、遅く帰宅することはないので、シャンプーの後にリンスやトリートメントをする時間はあるのですが、なんとなく面倒でリンスインシャンプーを使い続けています。

ただ、シャンプーとリンスの良いとこ取りだけで、デメリットはないのかと思い調べてみました。
当然、ただシャンプーとリンスを混ぜただけではないようです。
(シャンプーとリンスには正反対の成分が含まれるため、混ぜるとどちらの効果もなくなるそうそうです)

 

代表的な仕組みは、リンスの分子を高分子にしていることにあるそうです。
高分子とは分子量が大きい分子のことになり、わかりやすく言えば通常のリンスよりも
水に溶けにくくなっているとのことです。
これによりリンスインシャンプーは、

まず

①シャンプー成分が水に溶け出し、

時間差で後に

②リンスが水に溶けるため「シャンプー→リンス」の順番で髪を洗ったことになる

のだそうです。

しかし、あくまで時間短縮用の品であって、シャンプーとリンスを別途にした方が、少量で効果が期待できるそうです。
しかも、シャンプー後にすぐリンス成分が作用するので、リンスを付けなくてもいい頭皮にまで
リンス成分が付いてしまい、頭皮が脂っぽい方にはオススメできないそうです。

そういえば、筆者も頭皮が脂っぽい方でした...

 

文章:エムユー

関連記事

  1. 世界の国と国旗☆第88回目 セーシェル共和国
  2. 東京と大阪では“浴槽の位置”が違う!
  3. 世界の国と国旗☆第59回目 クロアチア共和国
  4. お風呂に柚子を入れる理由(冬至)
  5. 第3回☆世界の国と国旗(アゼルバイジャン編)
  6. 世界の国と国旗☆第92回目 セントクリストファー・ネイビス連邦
  7. 世界の国と国旗☆第18回目 インド共和国
  8. 世界の国と国旗☆第61回目 コスタリカ共和国
PAGE TOP