詩・ポエム

『一輪の花』

 

道に咲く一輪の花…

見ているだけで…

 

心が和んでしまう。

 

なぜなのだろう?

 

そして…

 

一輪の花を見るためだけに…

 

毎日帰り道に寄って帰るのが日課になっていた。

 

そんなある日のこと…

 

その日もいつも通り花を見るために

 

帰る途中…

 

交通事故にあってしまった。

 

その日からその場所が通れなくなった。

 

あの時見ていた一輪の花は…

 

今どうなっているだろう?

 

文章:Dos diosas

関連記事

  1. 『人生を楽に生きてみよう』―背負っている荷物全て降ろそう―
  2. 『秘密の暗号』
  3. 『次の日は…』―もっと笑顔が増える日を作る―
  4. 『言えない』―大切な人だから、弱みを見せたくないー
  5. 『吹奏楽部に憧れた』―吹奏楽のあのメロディーが何とも言えない―
  6. 『この世から…』
  7. 『何かのきっかけで…』―焦ってしまう毎日―
  8. 『叫ぼう!』―誰かに届くまで叫ぼう―

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP