詩・ポエム

『生きる』

 

何もかもに縛られて、毎日つらい……

 

自分が撒いた種だとしても、自分自身が臨んだことでなくても、

 

何度も消えようとした……

 

でも、僕は今ココにいる……

 

どうして?と考えた。

 

消えることが出来ないのは、まだこの世界にいなければならないから……

 

やり残したことがあるから、

 

自分では気付いてないだけでやるべきことがあるから……

 

だからまだ僕は生きている。

 

文章:八雲月夜

関連記事

  1. 『楽しくない瞬間』
  2. 詩:『あなたに』
  3. 詩:『いいことはある』
  4. 『心には嘘をつけない』―自分の心には、絶対嘘はつけない―
  5. 『さくら』―変わらない日常が一番いい日なのかも―
  6. 『もう無理なんだって!』―どんなに理解したくても心を閉ざされたら…
  7. 『一人じゃない』
  8. 『自然になるもの』―努力をしたものだけが得られるもの―

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP