詩・ポエム

『ねぇ…』

 

君はどうして僕の元を去ったの?

 

もっと、話がしたかった……

 

解ってほしかった。

 

でも君は逃げた。

 

責めるつもりはないよ……

 

だって僕も悪かったから……

 

でもこんな終わり方は嫌だったよ。

 

いつまでも背負わなきゃいけない十字架を残していくなんて、

 

君はずるいよ。

 

でもそれだけ苦しんだんだよね?

 

辛かったんだよね?

 

君も解ってほしかったんだよね?

 

だから、僕は逃げないよ。

 

これからも君のこと忘れない……

 

忘れてしまったら君は本当に居なくなってしまうからね。

 

それだけはしないよ。

 

でも、僕のことも忘れないでね?

 

文章:八雲月夜

関連記事

  1. 『若いからって…』―若くてもって言葉が心を追い込む―
  2. 『嫌われないために』
  3. 『伝わらない』
  4. 『見てくれてる人』
  5. 『卒業』―悲しみは、笑顔になれる魔法―
  6. 詩:『素直に生きたい』
  7. 『楽しくない瞬間』
  8. 『秘密の暗号』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP