人生

退職代行ってどうして人気なの?違法じゃないの?

 

昨今、「退職代行」と言う言葉をニュースでも良く耳にする事があると思います。

「退職代行」とは、ブラック企業に勤めていて辞めるに辞められない人々などを救うサービスです。大嫌いな上司と一切顔を合わせず、仕事を辞める事も出来ますし、「退職代行」に依頼して即日辞める事も可能と言う優れもの。

しかし、こんなにも素晴らしいサービスが“違法”だったら…。と不安になる方もいると思います。

そこで今回は、「退職代行」サービスが違法じゃなくて、合法である理由を紹介したいと思います。

 

会社は2週間で合法的に辞める事が出来る

民法では“退職の意思を伝えてから2週間後に会社を辞められる”と言う事が決まっているので、会社が了承していなくても、2週間後には退職が可能です。

 

就業規則・労働契約は法律ではありません

仮に就業規則で「退職は1ヵ月前に申し出る」とあっても、一切従う必要はありません。

何故なら、就業規則や労働契約よりも、民法の方が優先順位が高い為です。

就業規則は、あくまでも会社が社員を拘束する為に用いている物なので、法律ではありません。

 

退職までの2週間は有給取得で!!

退職となるまでの2週間は有給休暇を使いましょう。

退職届を提出したその日から、二度と大嫌いな会社に出社しなくて済みます。

有給が無い方は、退職日まで欠勤すると伝えれば、即日退職に繋がる事が多いです。

 

退職代行は、あくまでサポートするだけ!

退職代行では、上記で説明した合法の事を、法律に沿ってサポートするだけ!

その為一切、違法ではありません。

 

会社に精神・身体を破壊される前に、退職代行サービスを利用して、退職する事をオススメします。

退職は罪ではありません。自分の人生は自分だけの物。

会社に悩みや疑念を抱いている方は、退職代行サービスを是非とも利用しましょう!

 

文章:クレイジー大野

関連記事

  1. 我以外皆我師(ワレ イガイ ミナ ワガシ)
  2. 心の不調の解決
  3. 相手を思いやるふりを演じるのはやめよう
  4. 他人のためになることのできない、人間の特徴
  5. 夜に眠りやすくなる方法(個人差あり)
  6. 性格診断・心理テスト3選!
  7. チャレンジしなければ成功することはない
  8. 1パーセントのひらめきと99パーセントの努力は間違った解釈が広が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP