詩・ポエム

『嫌われないために』

 

一度嫌われたから嫌われない方法を考えていた。

 

嫌われないようにするためにいい子を演じる事を覚えて…

 

良く思われたくていい事を何でもした…

 

でも…

 

そんなことをしても無意味だった。

 

心の中では、分かっていたはずなのに…

 

結果『裏切られた』

 

だからもう…

 

何もかも辞めたんだ…

 

文章:Dos diosas

関連記事

  1. 『たくさんの思い出』―新たな道に進むために羽ばたこうー
  2. 『悲しみが…』
  3. 『気持ち…』
  4. 『雨の音…』
  5. 『学校生活』―入学したと思えば、もう卒業―
  6. 『突然…』
  7. 詩・『更地』
  8. 詩:『名もない日々』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP