詩・ポエム

『大粒の雨』

 

大粒の雨が降っている中…

 

一人立ち尽くしている少女がいた。

 

少女は、何を考えているのだろう?

 

自分が何のために産まれてきたのか考えているのか?

 

それとも…

 

自分の位置を確認しているのか?

 

文章:Dos diosas

関連記事

  1. 『行動と心は時に違う』―心には正直でありたい―
  2. 『背伸びをしたくなる?』 ―少し周囲より背伸びがしたくなるー
  3. 『隠さない自分を…』―本当の自分が見せられる世の中になれ―
  4. 『昔は…』―昔の方が人にも環境にも恵まれていた―
  5. 「記憶を消去したい」―過去の嫌な記憶を消去できるならしたい―
  6. 詩:『理想を捨てて生きる』
  7. 「居てもいい場所」―自分にとって心地のいい場所を探そうー
  8. 『ごめんねよりありがとう』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

LIG五香

障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく就労継続支援A型事業所において、適正…

スゥ

どんなに重度のしょうがいを持っていても、地域であたりまえの生活ができるよう手助けする。そのために、地…

相談支援事業所 フェニックス

・地域定着支援の提供に当たっては、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利…

サンクスラボ・浦添オフィス

八女てらす

当事業所は、障害者に対し就労又は生産活動の機会の提供その他の便宜を適切かつ効果的に行うものとし、利用…

新着記事

PAGE TOP