詩・ポエム

『大粒の雨』

 

大粒の雨が降っている中…

 

一人立ち尽くしている少女がいた。

 

少女は、何を考えているのだろう?

 

自分が何のために産まれてきたのか考えているのか?

 

それとも…

 

自分の位置を確認しているのか?

 

文章:Dos diosas

関連記事

  1. 詩:『ろこんろこん』
  2. 『大人って…』
  3. 『凍った心』―誰かの温かさに触れて居たい―
  4. 『黒い影』―恐怖に怯える日々が続くー
  5. 『次の日は…』―もっと笑顔が増える日を作る―
  6. 【べっちょない】
  7. 『僕ら、私達は…』―頑張ってきた仲間と吹けるのが、一番の幸せ―
  8. 『楽に過ごせるんだ!』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP