詩・ポエム

『大粒の雨』

 

大粒の雨が降っている中…

 

一人立ち尽くしている少女がいた。

 

少女は、何を考えているのだろう?

 

自分が何のために産まれてきたのか考えているのか?

 

それとも…

 

自分の位置を確認しているのか?

 

文章:Dos diosas

関連記事

  1. 詩:『後悔しないために』
  2. 【らしくないんよ】
  3. 『好きだけど…』―すぐ散ってしまって寂し―
  4. 『君は僕』
  5. 散文詩:『タンポポの唄』
  6. 『ぼっち』―気付いてほしいー
  7. 『一生前には進めない』―変わりたいと思わなきゃ変われない―
  8. 『違和感』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP