詩・ポエム

『僕と君』

 

君といた時間の方が長く感じた。

 

でも君はもういない

 

どこに行ったのかなんて考えない。

 

考えたら悲しくなる君の所へ行きたくなる…

 

でもここで逃げたらダメな気がして…

 

だから僕は君と一緒に生きることを決めたんだ。

 

君はずっと僕の記憶の中に居る。

 

僕は忘れない。

 

でも待っていて。

 

僕だっていつか君の所に行かなくてはならない時が来るから。

 

それまで首を長くして待っていてくれ。

 

文章:Dos diosas

関連記事

  1. 『学校生活』―入学したと思えば、もう卒業―
  2. 『嬉しさの裏側』
  3. 『自信を持てる日』
  4. 『明日死んでも後悔しない?』―人生には後悔することばかりだけど―…
  5. 『さぁ立ち上がろう』―誰かのSOSを見逃すな―
  6. 詩『雑草のように生きよう』
  7. 『背伸びをしたくなる?』 ―少し周囲より背伸びがしたくなるー
  8. 『夜』―毎日朝から夕方までの時間憂鬱―

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP