詩・ポエム

『僕と君』

 

君といた時間の方が長く感じた。

 

でも君はもういない

 

どこに行ったのかなんて考えない。

 

考えたら悲しくなる君の所へ行きたくなる…

 

でもここで逃げたらダメな気がして…

 

だから僕は君と一緒に生きることを決めたんだ。

 

君はずっと僕の記憶の中に居る。

 

僕は忘れない。

 

でも待っていて。

 

僕だっていつか君の所に行かなくてはならない時が来るから。

 

それまで首を長くして待っていてくれ。

 

文章:Dos diosas

関連記事

  1. 『報われる瞬間…』―耐えてきてよかったと心が安心する瞬間―
  2. 【真の相談相手が欲しい】
  3. 『自分の心には…』
  4. 『ご褒美を…』―頑張った自分にご褒美をしてあげよう―
  5. 詩:『言葉への気遣い』
  6. 『大人になると…』―大人になると素直に謝れない―
  7. 『好き』
  8. 『共有できたら…』―どんなに不安でも誰かと共有できたらいいよねー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP