詩・ポエム

『ありがとう』

 

あたしは、障害者としてこの世に生まれた。

 

幼い頃は何も感じなかった…

 

けど…

 

物心がつき始めてから、周囲と関わるのが難しく感じていた…

 

『なんで障害に産んだの』と訴えたこともある…

 

その度に心が痛くなった。

 

まだ子供だった。

 

障害者として産まれたからこそ沢山の人達に出会えた。

 

だから『お母さん、お父さんありがとう』

 

文章:Dos diosas

関連記事

  1. 詩:『待つ』
  2. 詩:『夜明け前の街は』
  3. 『子供のままがいい』―大人になると子供に戻りたくなるー
  4. 『未来予想図』―未来に不安を抱くー
  5. 『休養しよう』―人生は、休養することが大切―
  6. 『時間が掛かった…』
  7. 『見たくない現実』―押しつぶされ自分の心―
  8. 『黒い影』―恐怖に怯える日々が続くー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP