健康

急な腹痛。貴方はどう対処していますか? ~腹痛を緩和する方法~

 

外出中に起こる急な腹痛。

お手洗いに駆け込みたくても、駆け込めない状況…ありますよね。

そこで今回は、”人間の尊厳”を失う可能性もある”急な腹痛”を少しでも和らげる方法をご紹介したいと思います。

 

『頭の中を空っぽにする・全く別の事を考える』

腹痛の際、一番大事なことは”お腹が痛い”ことを考えない事です。

お腹の痛みや、お手洗いの事を考えれば考えるだけ、我慢が出来なくなってしまいます。

なので、頭の中を空っぽにしたり、楽しい事を考えて頭の中をリラックスさせることが重要です。

 

『タオルや、ブランケットを当てる』

タオルやブランケットを所持している場合は、お腹に当てる事でお腹を温める事が出来ます。

お腹を温めると、腹痛緩和に効果が有るので、タオルやブランケットは常に携帯して外出したい所ですね。

 

『お腹が痛くなる事を想定して、ストッパを用意しておく』

常日頃から、腹痛に備えてストッパを所持しておくことが一番良い方法だと思います。

ストッパは急な腹痛に対処してくれる素晴らしい薬です。

ですが、”限界”な状態では効果がありません。

お腹が痛くなりそうだな…と思った際には、惜しまずにストッパを口にする事を推奨したいです。

 

急な腹痛は、本当に厄介な魔物ですが、何とか対処して、コントロールして元気に生きて行きましょう!

 

文章:クレイジー大野

関連記事

  1. 精神安定剤の服薬をやめよう
  2. バターとマーガリンの違い
  3. より良い睡眠のために
  4. デンタルフロス(細い糸)で歯垢を落とす
  5. 喫煙率の低下
  6. 野菜、果物を食器用洗剤で洗う
  7. 睡眠導入剤の副作用の説明
  8. 薬の副作用は薬効成分以外にも原因がある

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

社会福祉法人福岡あけぼの会就労継続支援事業B型「トライアングル」

利用者の自立と社会経済活動への参加を促進する事を目的とし、就労支援・相談支援・生活支援等に加えて、行…

LITALICOワークス岡山

人は働くことを通じて、誰かに必要とされることで心が元気になり、もっと良い人生を送りたいという意欲が生…

コミニュティワークショップキャン

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことが出来るよう、就労の機会を提供するとともに生産活動その…

相談センターさくら

障害に関わらずその人らしく生きて、自立した生活が送れるように支援をおこなっていく。制度を理解し研修等…

余った牛乳、パンを持ち帰る

 市立堺高校の男性教諭が4年間にわたって給食で余った牛乳、パンを持ち帰ったとして処分…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP