雑学

なぜ大阪では左側通行?

 

 

大阪では、エスカレーターを利用する際のマナーは立ち止まる人が右に並び、

歩く人が左側を使う「右立ち」で、東京では「左立ち」なのは良く知られていると

思います。

 

しかし歩く時はどうでしょう。

大阪の地下街を歩いていると、みんな左側を歩いています。

「左側通行」ですね。

ところが関東では「右側通行」です。

 

そもそも日本では「左側通行」が基本だったようです。

これは武士が左側に刀を納める鞘(さや)を差していた為、

右側通行だと左腰に差している刀の鞘同士がぶつかってしまうので、

鞘当てを起こさないように武士のルールとして「左側通行」が定着していた

というのが有力な説とされています。

そして明治に成っても「左側通行」のルールは引き継がれたようです。

 

しかし第二次世界大戦後、GHQ(戦後の日本で占領政策を実施した連合国軍機関)の指示

で「車は左、人は右」と道路交通取締法が変更されたそうです。

これは車が増えると人も車も「左側通行」だと事故が起こりやすいと考えた為だと

思われます。

 

そして東京の人はすぐに従ったのですが、大阪の人はお上からの押しつけが嫌いなのか

浸透しなかったようです。

そこに昭和四十年代に地下鉄御堂筋線の駅で「左側通行」を採用した為、これが大阪で

「左側通行」が一般化した大きな要因のようです。

 

文章:エムユー

関連記事

  1. 第7回☆世界の国と国旗(アルジェリア民主人民共和国編)
  2. 世界の国と国旗☆第74回目 ジブチ共和国
  3. 第1回☆世界の国と国旗(アイスランド編)
  4. 世界の国と国旗☆第48回目 ギニア共和国
  5. 「ソウメンカボチャ」の料理法
  6. 新年に初詣に行くようになったいきさつ
  7. 郵便ポストの色が赤いのはなぜ?
  8. 世界の国と国旗☆第70回目 サントメ・プリンシペ民主共和国

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

合同会社LTF

一般就労に向けて、当事業所が提供させて頂く仕事を通して、日中に働くリズムを整え、生活リズムを整えて頂…

知らす池下 

一般社団法人つながりくらぶ

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことが出来るよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動そ…

夢創園

・サービスの目的 通所による雇用契約等に基づく就労の機会を提供するとともに、社会人として自立した有意…

緑遥作業所 

在宅心身障害者の個人に有する能力に適合する就労の機会を提供し、すべての人々の人権を尊重するとともに社…

新着記事

PAGE TOP