コラム

2024年選抜の試合を見て感じたこと

テレビで高校野球の試合を見ました。個人的に感じたことを書いていきます。

 

 打球が以前よりも弱くなった印象

 

新しいバットに対応しきれていないのか、弱々しい当たりを目にしました。グラブに収まるまでに、失速している感は否めません。

 

 外野手の守備位置が前すぎる

 

ポテンヒットを防ぐためなのか、外野手の守備位置は極端に前進しているように感じました。長打の出にくい野球なので、これくらいでいいと思っているのかもしれません。

 

 ロースコアのゲームが増えそう

 

飛ばないバットを使用しているため、大量得点は期待しにくい状況です。ロースコアの試合をたくさん見ることになるのではないでしょうか。

 

 最後に

 

野球をプレイしていない人であっても、打球の違いははっきりと感じられるレベルです。グラウンドでプレイしている選手たちは、差をより感じているかもしれません。

 

https://www.pexels.com/ja-jp/photo/773063/

 

陰と陽

関連記事

  1. ダン・ショート、ベティ・アリス・エリクソン、ロキサンナ・エリクソ…
  2. 小説:『彼女との約束(4)』
  3. イマニュエル・ウォーラーステイン『アフターリベラリズム 近代世界…
  4. 読書の秋ですね
  5. エッセイ:『マーさんのこと』
  6. 前野隆司著『実践ポジティブ心理学』のまとめ【第三回】
  7. 崎谷博征『今だから知るべき! ワクチンの真実 – 予…
  8. 映画『ヤンヤン夏の想い出』のご紹介
PAGE TOP