コラム

失業保険の加入用件変更

雇用保険の加入用件が、2028年度より、「週20時間以上の労働」から「週10時間以上の労働」に変更されようとしています。

失業状態の労働についても変更が行われ、週10時間未満となります。(失業中に週10~19時間の仕事をしている人は、労働をしている扱いとなり、ハローワークの手続きをする必要が生じる)

今回の改定におけるメリット、デメリットを書いていきます。

メリット

週10時間以上で雇用保険に入れるようになる

短時間勤務の人が保険に入りやすくなります。一部の労働者にとって、メリットのある改定です。

デメリット

仕事のかけもちor失業中の仕事がしにくくなる

一社だけではお金の足りない人は、かけもちをしています。そういう人にとって、働きにくくなるような気がします。

失業中の仕事についても、大きな制約がかかります。従来と比べると、やりにくくなりそうです。

短時間勤務の採用を控える可能性がある

手続きが面倒という理由で、短時間労働者を敬遠するリスクがあります。

最後に

雇用保険が10時間以上に変更されたら、労働のやり方そのものを変える人が増えるかもしれません。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0e026c5280c0a2f69774a574db40ad59ec9e02cb/comments(yahoo)

https://visualhunt.com/f7/photo/27156383436/6bbf681565/

 

陰と陽

関連記事

  1. 読書が特権階級のものになる日
  2. 人生をより豊かに
  3. いろいろな作品に目を通していただき本当にありがとうございました
  4. 障碍者枠で仕事しても、病気に対する配慮は得にくい
  5. HSPについて
  6. エッセイ:『遠ざかる記憶』
  7. 小説:『出会いはどこから転がり込むかわからない 中』
  8. 読書の秋ですね
PAGE TOP