コラム

雇用保険の待機期間が一カ月間短縮されるかもしれない

政府は自己都合で退職した場合の、待機期間を一カ月間短縮する方向で調整に入ったようです。実現すれば、雇用保険を早く受給できるようになります。

雇用保険を一ヵ月とちょっとで受給できるようになる

筆者が雇用保険の手続きを5年前くらいにしたときは、退職した翌日から借りの手続きをすることが出来ました(金額は雇用保険の紙が送られてきてから)。同じルールのままなら、退職から1ヵ月と10日以内に雇用保険をもらえるようになります。

退職してお金に困っている人にとって、救世主になりえる改定です。

障碍者は自己都合であっても、雇用保険を満額受給できるようになる

45歳未満の障碍者は300日、45歳以上の障碍者は360日(1年以上雇用保険に加入していた場合)を受給期間があります。ただ、雇用保険をもらえる期限が定められており、自己都合の場合は満額をもらうことはできませんでした。(筆者は待期期間3ヵ月のときに、50日程度の雇用保険を受給できなかった)

待機期間が一カ月に変更されれば、自己都合であっても全額をもらえるようになります。

最後に

待機期間が短くなった場合、お金に困る人は減るかもしれません。

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/d3cbf509fba7e9f747e9216b22781da23f2e878d/comments(yahoo

 

https://visualhunt.com/f7/photo/50856517646/4bf454c4ba/

 

陰と陽

関連記事

  1. ~ペットロス症候群を考える2~ 次のペットをお迎えする時期につい…
  2. おすすめ映画3
  3. 本来の自己を確立
  4. 【第二回】『マーケット感覚を身につけよう』
  5. 「苦しい」が「楽しい」に変わる「つらい」を科学的になくす7つの方…
  6. 小説:『君と共に生きられたら 上』
  7. 双極性障害の悲哀
  8. ホルヘ・ルイス・ボルヘス著『伝奇集』のご紹介
PAGE TOP