コラム

大相撲の十両、幕下の入れ替え予想(2023年11月場所の成績に基づく)

2023年11月24日(14:00時点)における、十両、幕下の入れ替え予想をします。

伯桜鵬、東龍は幕下陥落決定

伯桜鵬は全休、東龍は0勝2敗13休みで終わりそうです。番付からして、十両に残ることはありません。

日翔士はかなり厳しい状況

東11枚目の地位で、2勝10敗です。残り3日間で1回でも負ければ、幕下陥落決定です。

残り3日間を全勝したとしても、幕下陥落の可能性は残ります。他力士との兼ね合いという点で、かなり厳しいといわざるを得ません。

貴健斗、天照鵬、千代栄、千代丸、天空海も幕下陥落相当の成績になる可能性がある

貴健斗、天照鵬、千代栄は一度でも負ければ、幕下陥落の可能性が生じます。残り3日間を全勝することによって、幕下陥落を逃れることはできるのでしょうか。

千代丸は現時点で3勝です。4勝11敗扱いの成績になった場合に、幕下陥落の可能性が出てきます。3勝12敗扱いはアウトです。

天空海は3連敗さえしなければ、幕下陥落相当の成績にはなりません。幕下陥落の可能性はほぼ0といってもよいでしょう。

幕下からは白鷹山の十両復帰、尊富士の十両昇進が確定

東幕下筆頭の白鷹山、西筆頭の尊富士は既に勝ち越しています。十両力士、他の幕下力士の成績との兼ね合いから、十両昇進を確定させました。

北はり磨は7番相撲に勝利すれば十両確定

北播磨は東11枚目で6勝0敗です。7戦全勝とした場合は、十両昇進が確定します。

欧勝海は十両昇進濃厚

北はり磨が7番相撲に負ける、貴健斗、天照鵬、千代栄のいずれかが3日間で一敗以上する、千代丸が4勝以下、天空海が3連敗のいずれかを満たせば、十両昇進確定です。100%ではないものの、十両昇進をほぼ手中に収めたといってもよいでしょう。

栃武蔵、北大地、對馬洋の昇進は運が絡む

東3枚目の栃武蔵、西3枚目の北大地、西4枚目の對馬洋は3勝3敗です。勝ち越した場合に、十両昇進の可能性を残します。

最近の傾向において、西3枚目の4勝3敗、西4枚目の4勝3敗は十両昇進見送りになる成績です。貴健斗、天照鵬、千代栄のいずれかが、2敗以上しなければ十両昇進は叶いません。(東3枚目はあがれるとき、あがれないときの両方がある)

勝ち越しをしなければ、十両昇進はありません。7番相撲の勝利は必須です。

最終的にどうなるのかを予想(完全なる直感)

十両昇進 白鷹山、尊富士、欧勝海、北はり磨

幕下陥落 伯桜鵬、東龍、日翔士、貴健斗

最後に

11月場所はどうなっていくのでしょうか。

https://visualhunt.com/f7/photo/12516592635/e284494a4e/

 

陰と陽

関連記事

  1. 千代丸、英乃海が休場後に土俵復帰
  2. 平成も昭和扱いされてるようだ
  3. やりがい
  4. 罪を憎んで人を憎まず
  5. 燃える闘魂、アントニオ猪木
  6. 似ている有名人特集
  7. 不思議な話『ポテトチップスが一瞬にして消えた』
  8. 岡崎 琢磨『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹…
PAGE TOP