コラム

双極性障害の悲哀

最近衝動買いが多いので、収支計画を作るのが大変です(挨拶)。

と、いうわけで、フジカワです。

その便利さを気に入っていた、特定の100均専用アイテムが、ある日を境に取り扱われなくなり、地味に不満が募る今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回の記事は、「躁うつ病ってね?」とかいった話です。

前フリ

さて。僕のメイン(?)の病気は、統合失調症です。

それ以外にも、双極性障害と、睡眠障害も持っています。

双極性障害って、なんぞ?

これは、いわゆるところの「躁うつ病」。

ものっそいざっくり言えば、ハイな時とローな時の振り幅が、めっさ大きいということです。

じゃあ、躁状態の時は、常に「ウヒョー! ムヒョー!」とアッパーハイで?

逆にうつの時は、何らもできないのか?

そこまで分かりやすい病気でもございませんで。

今回お話しするのは、その辺のややこしい件です。

お伊勢さん参りの前あたりから

以前、「お伊勢さんへ参ろう」という話を書かせて頂きました。

「そうだ、お伊勢さん、行こう」

https://t.ly/jeu2y

先に申し上げておくと、無事に帰ってきました。

気分転換という意味においては、大変有意義でした。

まあ、滞在中の伊勢市は、ずっと雨だったというのがアレでしたが。アレって何だ。

異変は、出発する2日ぐらい前から起きました。

満足に眠れないんですよ。

いや、早起き出来ることはいいのですが……

明らかにおかしな時間に目が覚めて、寝た気がしない。

お伊勢参りは、一泊する日程でした。

しかし、あちこち参拝して、バチクソに疲れている。

そんな状態であれど、ホテルで十分に睡眠が取れなかった。

なんなら、帰宅した次の日からも、よく眠れない。

都合4種類の睡眠薬と抗うつ剤のカクテルを飲んで、それかと。

主治医の見解

おかしい。

どう考えてもおかしい。

素人判断は厳禁です。

伊勢から帰ってきた翌日が、ちょうど定例の精神科通院日でした。

「かくかくしかじかで」と、主治医の先生に相談。

すると、

「躁状態に振れているみたいですね」

との診断。

別に今、「ウヒョー! ムヒョー!」と、アッパーハイなわけではない。

ただし、妙に気持ちが昂ぶっている。

その理由なんかは、分かれば医者などいらないのですよ。

とにかく、昂ぶっている精神を落ち着かせて、眠らなければならない。

やったね、たえちゃん!

薬が増えたよ!(ドチクショウ!)

寝る前に飲む鎮静剤が、プラス5mgになりました。

誰だってそうだと思いたいのですが、薬なんか増やしたくない。

しかし、こうするほかは無い。

処方が変わって、しばらく経ちました。

ぶっちゃけ、変更直後の数日は、それでも眠れなかった。

「俺を殺す気か!」と思いました。

ですが、一週間ほど経過すると、どうにか眠れるように。

危ない橋は渡らない!

しかし、スマートバンドの計測というあやふやな根拠ですが、睡眠が浅いらしい。

どうにも、躁状態が予想以上にひどい様子。

いや、実際に、やってはいませんよ?

でも、今のご時世、個人輸入で、向精神薬とか、睡眠薬なんざ、いくらでも買えます。

精神科は、敷居が高い。

そう思っている、悩める皆様などには、うってつけでしょう。

し、かーし!

既に、コテコテに精神系の薬を飲んでいる。

なんなら、糖尿病と、過敏性腸症候群の薬も飲んでいる。

さらに、かつて、悪い薬の飲み合わせで、地獄を見たことがある。

そんな僕からすれば、素人判断で精神系の薬を追加するなど、もってのほかです。

薬漬けは、褒められたものではない。

しかし、選択肢がない。そんな秋。

んじゃまた。

 

文章:フジカワ

関連記事

  1. ダン・ショート、ベティ・アリス・エリクソン、ロキサンナ・エリクソ…
  2. 女尊男卑でもないと思うが?
  3. 千代丸、英乃海が休場後に土俵復帰
  4. 2024年の選抜出場予想
  5. ~ペットロス症候群を考える~
  6. 歴史に名を残したいかあ!
  7. 『スライムを倒して300年、知らない間にレベルMaxになってまし…
  8. 吉村萬壱『死者にこそふさわしいその場所』文藝春秋
PAGE TOP