コラム

超十ギガ!

タイトルは単に「鳥獣戯画」と引っかけたかっただけ、などと供述しており(挨拶)。

と、いうわけで、フジカワです。

ふと思うところがあり、手の届く価格帯だったことから、いっちょ自分の身体の遺伝子検査などを依頼してみた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回の記事は、「スマホのパケットって?」とかいった話です。

生活インフラですし

さて。今のご時世、よほどのことがない限り、皆様もスマホをお持ちだと思います。

契約の際、重要となって来るのが、通信できるデータ容量。

要するに、パケットのギガ数ですね。

スマホのヘビーユーザーの場合、より多い方が有り難がられます。

パソコンを持っていない人々も多い事実。

で、あるならば、スマホやタブレットでネットを使うのは、しごく当たり前。

もはや生活インフラのガジェットなんですから、必要性は言うまでもないことです。

拭い去れない違和感

先に申し上げておきます。

僕に、マウントを取るつもりなど毛頭ないです。

その上で、なのですが……

世の若い子達の中には、スマホ代だけで月々1万円オーバーを支払っているケースもある。

そんな話を聞いたことがあり、少し耳を疑いました。

多分、結構前にこちらで書かせて頂いたかと思います。

しかし、やっぱり信じられない。

数年前のことです。

僕の姪っ子が、家に来ました。

姪っ子は開口一番、

「おっちゃん、Wi-Fiある?」

と、僕に聞きました。

当然あるので、接続させてあげました。

何が言いたいのかと申しますと、イマドキの若い子でも、Wi-Fiは知っているということ。

しかし、スマホの契約は、大容量のパケットが使えるものにしている。

仕組みを考えようぜ?

携帯キャリア(ショップ)に言われるまま、高額なプランを契約している人々。

その人々は、考えないのでしょうか?

自前でWi-Fi環境を整備すれば、相当安上がりになることを。

まさか、モバイルデータ通信(パケット消費)と、Wi-Fi接続が、違う仕組みだと思っているのか? んなわきゃねえよなあ?

一例を挙げます。

比類なき価格比較サイトである、「価格.com」。

「プロバイダ」の項目を調べてみましょう。

少なくとも、これを書いている現時点では、の話ですけれども。

楽○モバイルのポータブルルーターが、どんなに使っても、(端末代を除いて)月々3,280円です。

そのルーターと常時接続しておいて、メインのスマホは格安SIMにすればいい。

あくまでも僕のケースですが、僕は、メインのスマホがワ○モバイルの一番安いプラン(3GB)です。

平均で、だいたい月々1,000円。

仮に、僕の家に光回線、及びWi-Fi環境がなかったとします。

その場合、ためらわずにモバイル、ないしは据え置き型ルーターの導入をすると思います。

外でゴリゴリネットを見るようなライフスタイルなら、モバイルルーターを持ち歩きます。

かかっても、3,280+1,000=4,280円。

万単位の金を払う理由がありません。

ただし、これも「そもそも、ルーターとはなんぞや?」を知らないと、思いが至らないんですよね。

ブランド信仰?

人間、堅実な方を選びたいと思うのは、自然です。

まして、インフラに関わる事柄なら、その思いは強いはず。

格安SIMを知らない人は、今やあまりいないかと思われます。

しかし、なーんか「格安SIMは品質が悪い」という印象を持たれている様子。

なるほど、その提供元が、独自の基地局を展開、使用しているなら、その不安もワカる。

でも実際は、大手3キャリアのネットワークを借りて使っています。

要するに、品質面で不安に思うことはない。

キャリア側は、高額な契約をさせて、金をむしり取りたい。

この「前提」を忘れると、カモネギ状態になる。

無知は罪ではない

そうなんです。知らない事は、罪ではないのです。

単に、「知らなければ、損をする」のですよ。

知る努力、調べる手間、長い目で見る視点。

それらを惜しむと、無駄な金を払い続ける。

まさか僕も、この場で啓蒙活動をしようなどとは思いません。

でも、みんながみんな、異口同音に「金がない!」と言っている。

削れる所は削りたいはず。

うん。今やスマホは必須アイテムだ。

ただ、その契約内容に疑問を挟まないのは、どうなんだろう? とは思います。

腐しはしたものの

大手3社の「まっとうな」プランの場合。

「キャリアメールアドレスの付与」が大きいと思うんですよね。

今どきは、少なくなったかも知れません。

しかし、利用に「大手3社いずれかの」キャリアメールアドレスが必要なサービスも、まだあります。

ただ、そんな旧態依然としていながら、日々の生活に影響を及ぼすサービスというのも、とっさには思いつきませんが。

……Gmailでええやんか。

宗教上の理由でGoogleが使えないなら、iCloudもあるし。

また言ってるよ

ぶっちゃけ、自分のことではないです。

それに、他人様の通信事情に、首を突っ込める道理もない。

加えて、まさか強制などできっこない。

ではあっても。

「立ち止まって、考えること」

それをしないと、どんどん損をする。

率先して損をしたい人間など、いないはずです。

そして、そんな「知らない人間達」を「上得意」にする。

善し悪しを断ずるより前に、そういう「社会の仕組み」なのです。

嫌な話ではあれ、携帯キャリアも商売ですからね。

パケット残酷物語。

んじゃまた。

 

文章:フジカワ

関連記事

  1. 世界の国と国旗☆第32回目 オーストリア共和国
  2. ショートショート『パワハラ、セクハラ問題に真摯に取り組んだ結果』…
  3. 崎谷博征『今だから知るべき! ワクチンの真実 – 予…
  4. A型作業所は黒字化できる仕組み作りが必要
  5. 安直なツールとしての「蛙化現象」
  6. ネーミングのコンペは稼げるのか?
  7. 新型コロナが、5類に移行したが
  8. エッセイ:『少数派の我慢』
PAGE TOP