コラム

A型作業所は黒字化できる仕組み作りが必要

出典:Photo credit: Cujan on VisualHunt

外部収入をアップさせるために、商売に安易に手を出すA型作業所を見かけます。

安定した経営を続けるためには、手を出さない方が無難です。どうしてなのかを書いていきたいと思います。

商売は安定性が全くない

商売に手を出すと、失敗することが多いです。赤字が大きく膨らむことによって、事業所閉鎖につながりやすくなります。

商売は未来を保証されているわけではありません。ある日を境に、これまで売れていた商品は全く売れなくなるというのは十分に考えられます。

商売はプロがやったとしても、うまく行く保証はありません。素人が手を出すのは、あまりにもリスクが高すぎます。

設備投資の経費も重くのしかかる

商売を始めようと思ったら、施設を整える必要があります。

設備投資のお金を取り戻せなければ、大赤字となってしまいます。

専門的な仕事をすれば、黒字化は可能

単価の高い仕事をすれば、黒字化につなげることもできます。

商売に頼るのではなく、内部で取ってきた仕事をするとよいでしょう。

最後に

商売に手を出している場合、経営状態はうまくいっていないことが多いです。

何かを売り始めたら、危機感を持った方がいいでしょう。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. プロ棋士を生で見た感想
  2. 阪神尼崎駅周辺の公共施設の指定管理者が選定されました!
  3. 広井良則『持続可能な医療─超高齢化時代の科学・公共性・死生観』(…
  4. 読書の秋ですね
  5. 「居場所」の根深い問題
  6. 挫折の乗り越え方
  7. 小説:『自分の道(2)』
  8. 映画『アウトサイダー』のご紹介
PAGE TOP