コラム

フィッシング詐欺の手口

隙あらば「FXをやれ」あるいは「株をやれ」と言ってくる広告には、悪意しか感じません(挨拶)。

と、いうわけで、フジカワです。

これを書いている今現在、大変頭がざわざわして、一刻も早く散髪に行きたい今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回の記事は、「フィッシング詐欺、巧妙ですよね」とかいった話です。

まれによくある風景

さて。僕は、84歳になる親から、しばしばスマホの操作について質問されます。

ただ、単純な操作関連などはいいのですが、たまにギョッとさせられます。

なぜか? 定期的ってわけじゃないのですが。

「荷物の不在通知が入っているから、手続きをしてくれ」

と言われるんですよね。

その手のメール、ないしはSMSは、100%フィッシング詐欺です。

しかし、親は疑問を持っていない。危険です。

考えないと?

僕が書いている記事で何度か触れているのですが。

「一歩立ち止まって考えない」ことは、すごく危ない。

そのフィッシング詐欺メールにせよ、ちょっと立ち止まれば、ツッコミどころは満載です。

「どこの運送会社か? の記載がない」上に、「どこであろうと、親の携帯番号を知っている運送会社はない」。

この時点でアウトです。

なるほど、ネットに不得手だと、「URL」の概念がないゆえに、その正誤も分からず、偽サイトも信じてしまうだろう。

また、たまたま親は、通販などの際に自分の携帯番号を書かないので、不自然さを説明できるものの。

運送会社に携帯番号を教えているなら、そういうSMSが来てもおかしくないと思うだろう。

以前、親に、フィッシング詐欺メールのURLをあえてタップして見せたことがあります。

(悪意のある)アプリをダウンロードするように仕向けるダイアログが真っ先に出たんですが、即キャンセル。

その後現れたのは、郵便局を偽装した偽サイト。

あまりにそっくりなため、親にはまったく見分けがついていない様子でした。

偽のサイトだ、と説明するのに、えらく手間だったことを覚えています。

そこを差し引くにせよ、先述の、メールの不自然さ。

あるいは「そもそもどこの運送会社であれ、SMSで不在通知は入れない」という事実。

それに気付いていれば、被害は未然に防げるはず。

「考えない」と、引っかかる。

そして、往々にして、高齢者ほど「考えない」傾向があるように思われる。

難しい話だ

人間、やる気がないと、何を勉強しても無駄です。

まして、「全く未知の、ややこしいもの」の場合、やる気を出せというのも難しい話。

確かに、ご高齢の方でも、スマホやネットを使いこなしている方はいらっしゃる。

ただ、大多数の高齢者にとって、スマホないしはネットというのは、「わけがわからない」。

いい悪いの問題ではないんですよ。

「覚える必要がない」と思っているものですから、無理強いなんかできませんし。

ただ、どうしても気分がわだかまるのは、「考えない高齢者」が多いんじゃないか? ってこと。

これは僕の親だけかも知れませんけど、例えば、納豆のタレのパック。

でかでかと出し方が書いてあるのに、親は読みませんからね。

個人的な肌感覚として、社会がどんどん「おせっかい」になっていくにも関わらず……

「考えない」のを仮によしとしても。

「聞く気がない」、「見ようとしない」なら、もうどうしようもないです。

そこに特大の「隙」ができる。

悪は隙を狙っている

脇を締めていないと、つけいられるのが常です。

まさか僕も、詐欺の被害者を笑うことなんざ、絶ッ対に! しませんが。

少なくとも、不在通知を装って釣ろうとする手口に対しては。

「メールの文面をよく読む」程度のことはやってもらいたい……

とは言えど、ご高齢の方に限って、「すぐ忘れる」んですよね。

こればっかりは、やはりどうしようもない。

実際、僕の親のケースであれ、同じやりとりを何度もやっているにもかかわらず。

親本人は、まったく学習してない様子ですから。

「ややこしいわあ」と、ブツブツ言うだけで、理解せんという姿勢がまるっきり見られません。

注意するように言っても、やっぱりすぐに忘れるので、もはや無駄です。

ただ、そこに怒っても仕方ない。

歯がゆいものの、どこまでも「他人事感」が拭えない様子。

いっそ被害に遭ってしまえば身に沁みるんじゃ?

……とも思ったりするんですが、それはあまりに薄情でしょう。

まとめ

ってことで、まとめます。

悲しい現実ではあるのですが、フィッシング詐欺の根絶は難しいでしょう。

運送会社なども、注意喚起の告知を、必死に公式サイトなどで出していますが。

考えない高齢者は、そもそもそれを「見る機会がない」上に、「見ても覚えられない」。

無知につけ込むのは、詐欺の基本。

ご時世的に、「思考で武装」しないと。

取り返しのつかないことになる、いや、今日もどこかでなっている。

仮にも親に対するセリフではないですが。

反面教師として、今後を生きていこうと思いました。

 

んじゃまた。

 

文章:フジカワ

関連記事

  1. 木下武男『労働組合とは何か』岩波新書
  2. コンビニでカップ麺を買う人々
  3. ちくま新書の「【シリーズ】ケアを考える」
  4. コロナ禍の区切り、だが。
  5. PC用キーボード入力の基本『ホームポジション』は簡単!
  6. コラム:『庭園にて』
  7. ストフェス2024復活!?
  8. 『北の無人駅から』(北海道新聞社)
PAGE TOP