コラム

スピリチュアルなDIY!

へえ? じゃあ逆に聞きますが、『釣りマニア三平』なんてえタイトルで、気迫や凄みが伝わってくるとでも?(挨拶)

と、いうわけで、フジカワです。風呂上がりに自分の裸身を鏡で見るのが辛い年頃になったなあ、と思う今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回の記事は、「占いのカテゴリがあったので、などと供述しており」とかいった話です。

未来、知りたいですよね?

さて。皆様も、日々生きている以上、少なからぬ不安というものを、いつも抱いておられるかとは思います。

僕なんかは、こじれきっているタイプですから、毎日の服薬をしない限り、それはもう大変なことになるんですが。

生きる、ということは、不安や恐怖と、常に伴走することです。「そんなもん、一切ないぜ! HAHAHA!」などとのたまう奴こそ、逆に、うさんくせえ。

ある程度であれ、未来が分かっていれば、気分も安心しますよね。とは言え、「未来の確実な予見法」なんてもんは、まずありません。あったら怖い。

所詮、ではあれど……

これをご覧の皆様の中には、鼻で笑う方もいらっしゃるかとは思いますが、占いってのも、意外な気休めになるんですよね。

なお、今のご時世、占いなんざ、掃いて捨てるほどあるわけですが、「血液型占い」だけは、日本独自のものであり、ほぼ信用できるものではないという、個人の意見。

それならば、太陽と月と各惑星の動きを元にした、西洋占星術、ないしは四柱推命などの東洋占星術の方が、ナンボかマシ、という、同じく個人の意見。

よろしい、ならばYouTubeだ?

やはりというべきか、世の中、かなりの数の皆様が、「茫漠たる日々の不安」を抱えていらっしゃるせいか、YouTubeでちょっと検索すれば、占いのチャンネルなんざ、視聴しきれないほどヒットします。

ただ、穿った見方ではあるんですが、例えばタロット占いの場合、個人鑑定ではなく、ジェネラルリーディング(一般的な解釈)であるために、全ての人に当てはまるわけではない。

加えて、誰だって、嫌なことは言われたくないですよね? なので、基本的には、たいてい、タロットの場合は星座別なんですが、どこを見ても「あ、よいしょお!」と、持ち上げられる。

悪い言い方をすれば、リーディング(解釈)のやり方なんか、どうとでもなるわけですし。

まあ、僕だって、ズバズバと不吉なことを言われたかあないですけど、さりとて、どこを見ようがヨイショだらけってのも、逆に据わりが悪い。

DIY!

占い師の店、ってのも、世の中、結構あります。実際僕も、以前、行動圏内にたまたまあったもんですから、出向いたことがあります。

ただ、占い師の先生が、かなり古いタイプの人間で、またしても悪く言ってしまえば、「年寄りの偏見」をクドクド聞かされて金を取られるのは、大変納得がいきませんでした。

別の占い師の店に行くことも考えたんですが、お安くはない。

OK、じゃあ、自前で何とかするしかねえよな? と思いました。自分で自分を具体的に占いたい。DIY! DIY! Do It Yourself!!

具体性を求めるなら、タロットカードならどうだろう? しかし、カードの意味を知らない。じゃあ、解説書付きのものは? はい。売ってないわけがねえです。

リンクを紹介するのは控えますが、Amazonを探せば、山ほどある。

特に「超初心者向け」と謳うものがあり、それは、カードに意味(の要約)が最初から記載されているという親切さ。当然、解説書も付属です。

買ってみた。

買って、早速自分で占ってみたんですよ。結論から言うと、面白いですね。

同じ事について占っていると、何度やっても、ほぼほぼ、似通った意味のカードが出る。

また、妙な期待を持ってカードを引くと、戒めるような結果が。

まとめ。

ってことで、まとめます。

いや、さすがの僕も、「タロットが面白いから、みんなも買うといいよ!」なんてこたあ申しませんけども、人生に迷った時、いかに「所詮占い」であれど、「気休め」にはなるよね? ってことで。

言えない。タロットカードを買う前、YouTubeで占いチャンネルを片っ端から観てたおかげで、半徹した日があるなんて言えない。(言っている件)

んじゃまた。

 

文章:フジカワ

関連記事

  1. 週間12星座占い、一時休載のお知らせ
  2. 国民は怒っていた
  3. PC用キーボード入力の基本『ホームポジション』は簡単!
  4. あと一勝すれば十両に残れる場合は幕下に落ちることは少なくなった
  5. 本からノウハウを得よう
  6. がんばるコンビニ
  7. 木下武男『労働組合とは何か』岩波新書
  8. 選抜の枠が変更
PAGE TOP