エンタメ

新十両発表を見たあとに感じたこと

文章:Photo credit: alek_2 on VisualHunt

2023年5月場所における、新十両が発表されました。

個人的な感想を書いていきます。

十両に残った二人は運がよかった

新十両発表からして、志摩ノ海、對馬洋は十両に残っている可能性は高いです。

本来は幕下に落ちる成績だったので、運はいいといえるでしょう。

對馬洋は十両在籍3場所にもかかわらず、2度も救われたことになります。番付運は非常にいいといえるでしょう。

東14枚目で十両に昇進したあと、通算成績20勝25敗で、関取を維持するのは奇跡です。

川福は上げるほどの成績でないと判断された

西3枚目の4勝3敗は、十両に上げる成績ではないと判断されたのでしょう。

東3枚目の時疾風は十両昇進しているので、半枚の差に泣いたことになります。

荒篤山が5勝10敗としていた場合、結果は変わっていたかもしれない

荒篤山が千秋楽に勝利していた場合、荒篤山>對馬洋=志摩ノ海となります。入れ替え枠は、2枠まで減らされたかもしれません。

對馬洋と志摩ノ海を両方落として、川福を昇進させる可能性もありました。荒篤山の成績は、十両昇進に影響したように思います。

近年は十両の地位を守る傾向が強くなった

幕下5枚目で勝ち越せば、高確率で十両にあがれる時期もありました。

そのときと比較すると、十両の地位を守る傾向が強くなっているといえるでしょう。

4勝3敗で十両にあがれるのは、2枚目くらいまでです(東の3枚目はそのときによる)。

十両にあがるためには、好成績を求められます。

最後に

十両有利の番付編成は当分続くと思われます。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. ギャグは難しい
  2. オカルトジャンルも面白い?
  3. Jリーグについての簡単な説明
  4. 道具による新記録は好ましくない
  5. 漫画『君たちはどういきるか』【感想】
  6. 大相撲の新十両が発表(2023年7月場所)
  7. 棋士と学業の両立は難しいのか
  8. 映画『ゴースト/ニューヨークの幻』をご紹介
PAGE TOP